大きくする 標準 小さくする
前ページ 次ページ

2009年10月19日(月)更新

越前クラゲと格闘する日の出丸・・その3

3日目・4日目の日の出丸の漁模様です。

板長も、ホテルの仕事の合間を見て・・
日の出丸の乗船でしたが・・板長も「しんどい」しかし

3日目4日目の漁模様

船員さん達の疲れも、相当な体力の浪費・・何時まで続くやら

3日目4日目の漁模様

この写真は、ネットで流れたクラゲの出現情報です。
赤いところが多い分布のところ

10月15日現在のもの・・この写真での問題は
日本海にまだまだ大漁の越前クラゲが流れていることです。

秋田沖のクラゲは1ヶ月~2ヶ月
石川県沖のクラゲは・・2ヶ月~3ヶ月で太平洋に現れます。

そうすると・・来年の1月2月までこの漁が続く・・・
鮭の漁の時期は、もう終焉を迎えてしまいます。

3日目4日目の漁模様

朝焼けの時間は・・南網に行く時間・・去年の話でした。
しかし・・今年は・・北網の網がまだ上がりません。

キヨさんが・・言います・・
「今日は・・嫌・・今年は・・何で北潮なんだ!」

例年なら・・秋には北海道の方から潮の流れが
南の方角に流れる潮・・今年は『逆!』

14日に深川氏は、潜水師に頼んで網の様子を調査依頼を
そのダイバーの話は・・

「この海・・網の下には無数の越前クラゲの死骸が
まるで・・絨毯のようの敷き詰められていている」

「気持ちが悪くて・・とても近づける状況では・・」

網の点検では問題が無かった・・
クラゲが誘導網に当たり・・動けなくなり死んで下に重なり合う


クラゲの死骸の絨毯・・深川氏がポツリ
「クラゲの死骸・・大漁のクラゲの毒が体積することに!」

問題は、その毒が・・ワカメや昆布への岸壁への影響です
ワカメ・昆布が被害に合うと、ウニやアワビに深刻な影響が出ます。

クラゲの毒は・・解毒されるのか・・怖い話です。

3日目4日目の漁模様

3日目の鮭は・・これだけしか無かった・・

3日目4日目の漁模様

市場への水揚げも・・早々に・・船員さん

「すぐねーば・・しょしーすげ、ぱっぱどいくべー」
訳す(少ない鮭の量で恥ずかしいから、早々に帰ろー)

3日目4日目の漁模様

前の日は、400本の鮭・・今日は・・言えないほど少ない

この事は、消費者には・・鮭が高価になることを指すのです。

3日目4日目の漁模様

4日目・・今日はいつも以上に潮の流れが早い
1ノットの潮の流れが網を揺らす。

1ノット、板長は車で言うと何キロなのかは知りませんが
とにかく・・網が機械でも引けない状況・・

船員さんも・・こんな潮の流れは年に1度か2度・・
この潮では引けない・・寝て潮が落ち着くのを待

待っている間・・ソナーをパチリ・・
網の下には・・無数の子魚が群れているとの事

クラゲに寄り付くエビが目当て・・日の出丸の網は
大きめの網・・この子魚達は捕獲できません。

3日目4日目の漁模様

この日は、太陽が上に上がってからの漁になった

3日目4日目の漁模様

もうこの写真は・・ブログを見ている方々も見飽きた写真
ですね!

3日目4日目の漁模様

市場の競の時間が迫る・・しかし潮の流れとクラゲの重さが作業を遅らせる

板長は、この日までしか乗船できない
明日から・・船橋東武デパートへの物産に出向く準備をせねば

3日目4日目の漁模様

帰港の道すがら・・深川氏の背中・・「どうすれば?」
そんな事を思う背中に見えてしょうがなかった・・

11月の半ば過ぎには・・また日の出丸に乗船します
板長の鯖を見たい知りたいの乗船ではありません。

クラゲ除去と船員さん達の手伝い・・そして
「今の海に何が起こっているのか?」を発信するために!

クラゲの出現分布図から・・次の乗船もクラゲ除去のために・・

日の出丸・・八戸の鮭の漁は定置網が主流です。

この日の出丸と船員さんがいなければ・・鮭は食べられない


『海を守る・・日の出丸・・ガンバレ!』



***********************

「虎鯖 棒すし」関西以南への発送は航空便でいたします。
八戸ニューシティホテル0178-46-0311で確認を!
     ≫≫≫こちらから

ラズエル細木書・・週刊漫画「ゴラク」
「酒のほそ道」「ラ・寿司」「dancyu」掲載の
「虎鯖 棒すし」 と 「鯖のみそ造り」の購入はこちらから
   
   【まごころふるさと便】

   八食センター オンライン ショッピング

2009年10月19日(月)更新

越前クラゲと格闘する日の出丸・・その2

板長の日の出丸への乗船は、
当初は「生きている鯖を知りたい」・・この思いから
バスケ仲間の深川氏へお願いして始まりました。

生きている鯖を・・血抜きする・・最高の鯖を知る!

今の乗船は、クラゲの除去のお手伝いです。

乗船2日目、

板長2日目の日の出丸乗船

この日も、当然の事のように大漁の越前クラゲです。

板長2日目の日の出丸乗船

しかし、この写真の中に・・板長の知りたい鯖の姿が
でも・・白い魚・・鯖が死んで腹を見せています。

板長2日目の日の出丸乗船

この日は鯖が15~18本網に入っていました・・
大きな鯖です、板長が知りたい見たい鯖だったのですが

死んでいては・・クラゲの毒でどの魚も網を巻き上げたら
クラゲに触れて毒で死んでしまうのです。

この鯖の事は後ほど・・

板長2日目の日の出丸乗船

板長2日目の日の出丸乗船

網を巻き上げると・・クラゲを嫌う鮭が逃げ惑います。

このクラゲの量が毎日続くため・・網も悲鳴をあげています。

板長2日目の日の出丸乗船

板長2日目の日の出丸乗船

僅かな網の亀裂は網の命取り・・船員さん直ぐに補修です。

この作業の手さばきは・・さすがにプロ!
板前でも・・平目、うなぎを捌けたら・・まずは一人前

船員さんのこの光景を見ていて・・網を守る・・それがプロ
そう板長は感動しながら補修を見守っていました。

板長2日目の日の出丸乗船

この日の漁は、鮭・・1,2トン・・最近ではまずまず
しかし・・去年の漁の10分の1・・400本

板長2日目の日の出丸乗船

去年はこの光景・・八戸港に帰り道の朝日を浴びた日の出丸
この光景は・・実に綺麗で大好きでした・・が

今年は、クラゲで気持ちがすっきりしない・・

板長2日目の日の出丸乗船

港での水揚げに・・久しぶりに、この選別機を使います
オス・メス・キズ・ブナ・・他の魚と選り分けるための機会です。

板長・・この日は少しだけ嬉しかった事は

板長2日目の日の出丸乗船

八戸の海に・・この鯖の姿を見れたことです。
大半が沖合いのいる鯖達・・しかし陸よりの海には

鯖の好きなイワシも多くいます・・
本来なら、そのイワシを食べに寄ってくる鯖が

クラゲを嫌って・・近づかない日々・・でも今日はいた。


次に続きます。



***********************

「虎鯖 棒すし」関西以南への発送は航空便でいたします。
八戸ニューシティホテル0178-46-0311で確認を!
     ≫≫≫こちらから

ラズエル細木書・・週刊漫画「ゴラク」
「酒のほそ道」「ラ・寿司」「dancyu」掲載の
「虎鯖 棒すし」 と 「鯖のみそ造り」の購入はこちらから
   
   【まごころふるさと便】

   八食センター オンライン ショッピング

2009年10月16日(金)更新

越前クラゲと格闘する日の出丸・・その1

板長・・やっと投稿が出来ます。

12日の夕刻、深川氏から
「谷口・・明日乗船出来ないか?船員が1人膝に水が溜まり
急に3日間休む事になって・・力が欲しい!」・・と

10.13日の出丸と越前クラゲの格闘

「いいよ!」の即答をした板長です。
青森のイトーヨーカドーで14日からの「虎鯖 棒すし」の
販売には、兄が1人で行く予定、板長は新物の鯖で虎鯖作り

バスケは体育館が床の張替え工事中でお休み・・なので
鯖を知るために板長に協力してくれている

深川氏の頼みでは、何が何でも応援をしないと!

2時の出港・・去年は週に2~3回の出港だったのに
今年は、越前クラゲの大爆発のせいで、毎日の出港

10.13日の出丸と越前クラゲの格闘

去年は、クラゲは発生しなかったので2時半~3時だった
出港が・・1時間早い

深川氏と乗り組み員達は、定置網の魚場に毎日通います
網を引き上げに行かないと・・クラゲの重さで網が壊れるからです。

10.13日の出丸と越前クラゲの格闘

去年は浮いていた定置網、今年は浮きません・・

10.13日の出丸と越前クラゲの格闘

網は、北網と南網の2箇所・・長さは1キロの誘導網
重さは何十トン・・取り付け経費は、とんでもない金額です。

10.13日の出丸と越前クラゲの格闘

その網が壊されない為の出港なのです。
船員さん達の・・この表情と雰囲気は

(今日の網の中には、何匹のクラゲ?何時に終了?)
そんな・・重苦しい雰囲気の仕事始まりです。

10.13日の出丸と越前クラゲの格闘

ロープと網は、日の出丸にとって・・生命です。
それを守るのが船員さん達・・網に一箇所でも穴が空くと

昔の女性のストッキングと同じに伝線してしまいます。
網が破れると・・漁にはなりません・・

つまり・・日の出丸は病気になるのです。

10.13日の出丸と越前クラゲの格闘

網を巻き始めて・・1時間半・・クラゲが固まりに・・
鮭だけだと何匹入っていても・・2、3時間で終わります

クラゲがこの量だと・・5000匹?(確かな数は?)
キヨさんが・・「6時に終わるかな?」とポツリ独り言

10.13日の出丸と越前クラゲの格闘

網の口を開き・・クラゲの除去・・押し出す作業です。
板長はこの作業の手伝いのために乗船したのです。

10.13日の出丸と越前クラゲの格闘

クラゲは・・泳ぐ?いいえ・・浮遊状態
押すと出て行きます・・前回の板長はクラゲに・・

「このヤローども・・寄り着くなー!」の罵声を発してました・・

しかし・・今回は「お願いだから・・来ないで!」
願いに代わりました!

10.13日の出丸と越前クラゲの格闘

クラゲのそばに・・何か小さな魚が動きます
深川氏が掬い取りました。

10.13日の出丸と越前クラゲの格闘

小鯵でした・・クラゲに進路を阻まれて・・右往左往
クラゲの触角に毒がある事を・・魚は知っています。

この時点で・・鮭は見えません・・何処へ?
もう毒で殺されてしまい・・網の底に沈んでいます。

10.13日の出丸と越前クラゲの格闘

10.13日の出丸と越前クラゲの格闘

夜が明けました・・まだ・・あの作業は続きます。

この日、鮭の姿を見たのは・・6時です、あの予想通りです。


その鮭の量は・・とても少ないのです。

写真を掲載しようか・・迷いました・・

操舵をするキヨさん・・魚市場に鮭を水揚げする際・・

「いぐべー・・はずがしがべー・・こったらの!」
(行こう、この漁(量)だと恥ずかしい!)

「わーこごさ・・いたぐねーじゃー・・こったら漁で!」
(これでは、俺のプライドが許さない)

15分の所要時間でした。

余りの少なさ・・労働時間の長さの苦労に対して
この漁(量)・・ミジメだったのです。

10.13日の出丸と越前クラゲの格闘

何を思うか?・・・

「谷口・・言うなよ・・」深川氏・・と

板長は・・思います。
※深川氏が言いたいのは、「クラゲ被害の時に騒ぐ奴ら」と
思われたくないからです・・・それは理解です・・

しかし・・板長の思いは違います!
「今、八戸の海の出来事を伝えたい」

このクラゲの意味は何なのか?
人的出来事?自然現象?一時の事なのか・・
陸では、ミツバチが消えた・・それも一時的なのか?

10.13日の出丸と越前クラゲの格闘

この日は、板長一人を港に下ろして・・日の出丸は
南網の点検に行きました・・

2時に出港・・板長が下船したのは8時、この時点で
6時間が経過しています。

後から船員さんに聞くと・・
「明日は、ダイバー達が網の状態を調べに潜るから
その準備のため・・仕事を終えたのは・?時だった」と

ガンバレ・・日の出丸!
クラゲに負けるな・・船員さん!



この日のクラゲは・・板長が乗船してから一番多い量です
網の中・・全てが越前クラゲでした。

押し出しても、押し出しても・・下からクラゲが
湧き出てきます・・とにかく写真を撮影する暇も無い状況でした。

ここで・・伝えて良いのか?判断が難しいですが・・
一応・・

日本海のクラゲと・・太平洋のクラゲでは大きさに違いが
時間が経つと・・当然生物は、成長します。

1個のクラゲの重さ・・半端な重さではないのです!


●板長より・・
日の出丸の乗船と日々の仕事で、なかなか投稿が・・
どの時間に出来るのか分からない状況です。

明日の朝、1時に起床して日の出丸に乗船します。
4日連続ですが・・手助けせねば!

投稿の乱れをお許し下さい!





***********************

「虎鯖 棒すし」関西以南への発送は航空便でいたします。
八戸ニューシティホテル0178-46-0311で確認を!
     ≫≫≫こちらから

ラズエル細木書・・週刊漫画「ゴラク」
「酒のほそ道」「ラ・寿司」「dancyu」掲載の
「虎鯖 棒すし」 と 「鯖のみそ造り」の購入はこちらから
   
   <span style="color:#FF0099">【まごころふるさと便】

   八食センター オンライン ショッピング

2009年10月14日(水)更新

クラゲ退治でした・・

本文 少し・・お疲れモードの板長です!

日の出丸の深川氏から昨日、電話があり・・
乗り組み員に疲れが出て・・乗れないか?・・と

急遽・・日の出丸に乗船の板長でして
今朝、1時に起き種差の沖の定置網に行ってまいりました。

台風でクラゲが去る事を願っていましたが・・
今日は今までで一番のクラゲの大漁日・・4000匹以上

その為・・海では、何も出来ない板長も
力仕事のクラゲ退治で奮戦をしてきました。

明日も日の出丸に乗船します・・全員疲れています

少しでも板長が乗って何か出来るならの気持ちです・・
板長船の上では紐も結べないのですが、クラゲを押し出す位なら・・

今、少しでも日の出丸に協力しなくては・・
この時の力仕事しか・・板長は出来ないので!


詳しい投稿は・・後日いたします。

2009年10月05日(月)更新

逃亡者(鯖)・・クラゲ軍団編・・その2

ハローワークに出向いたが・・
地元で仕事?皆無です。

深川船長は・・
「海・・とりわけ小さな漁船に乗る若い者はいないよ
そして・・今の漁業の未来?明るいのかな・・」

圭介・・
「海水氷で少しでも魚価が上がれば・・未来も見える
でも、今の人達は魚を食べるのかなー?」

リチャードギャンブル・・鯖男は、この話を聞いて
鯖新聞に書かれていた、陸の八戸板長の料理を思い出す

残酷無比な鯖の大敵・・八戸板長・・その料理は
「鯖を子供達へ食わせるために・・鯖の骨を抜く
柔らかくなるまで煮込む・・なんて酷いやつなんだ!」と

そうかー人間界では・・必要な加工工程なのか・・
それをしないと・・魚が売れない時代なんだ!

でも・・今はクラゲの除去が先なのだ
仕事探しよりも・・深川船長への恩返しだー

クラゲ除去・・2日目

2日間続けての乗船だ・・疲れの事は口には出来ない
俺より、船長や船員さん達の方が遥かに疲れている。

クラゲ除去・・2日目

今日の網はどうなんだ?クラゲは?
全員無口・・また始まる・・金にもならない仕事が・・

クラゲ除去・・2日目

クラゲ除去・・2日目

今日も、こいつらがお出迎え、力が抜ける・・

ふと考える!
このクラゲ達は・・何処かの国・・亡国の陰謀か?
日本を困らせる為に、大量の工業廃液を海に流す

その廃液は、動物性プランクトンが食べて
それをこの越前クラゲが食べて・・爆発的に成長し

日本に流れる海流に乗せる・・結果的に
日本の経済が・・混乱する!

クラゲ除去・・2日目

今日も始まった・・クラゲ退治・・この退治の意味は

クラゲ除去・・2日目

このクラゲの頭に槍を刺す・・クラゲは時間が経つと死ぬ

今日のクラゲはまだ少ない・・昨日が3000なら
今日は1200とか・・でも重いことは同じだー

クラゲ除去・・2日目

クラゲを除去していると・・小さなエビが網から落ちる
聞くと・・クラゲには多くのプランクトンを抱えている

そのプランクトンのお零れを狙ってこのエビが
クラゲの傘の中に住み着く・・毒は解毒するのか?

そして・・クラゲ除去の作業中に多くのカモメとウミネコが
このエビを狙って日の出丸を取り囲む

今日の北網の漁は、2時間で終了
南網に向かい・・網を巻き上げ・・1時間

今日の漁は・・終了

クラゲ除去・・2日目

八戸の港に着くまでカモメ達は・・まだエビが食える?
と思い込み着いて来る

2日目の漁が終わった・・

鮭は100本・・燃料代にもならない

今年の、生筋子(イクラになる前の状態)は高価だ
去年よりもグラム200円も高いのだ!

その理由は・・クラゲでした。

今年の年末・・に・・鮭があるのか?イクラは?
他の県も同じ事だと・・また輸入すれば済むこと?

何か・・その考えは変なのでは?

クラゲ除去・・2日目

深川氏は話す!
「クラゲで水揚げが少ないとか大変だ!とか口にすると
鮭が大量に捕れたときは笑顔で・・クラゲで大騒ぎ!か

必ず・・排他的に見られる!今は我慢の時・・・
体力(体もお金も)勝負の時なのだ・・」

でも・・俺から見たら・・地元の鮭は口に出来ない
活魚の平目や他の魚も無い!

陸の上で暮らす人は・・対岸の火事と思っている!
これでいいのか?来年はクラゲが来ないのか?

いいや・・もっと大量に発生するかも・・
そうしたら・・定置網の漁は壊滅する!

3日目朝・・2時の出港

クラゲ除去・・3日目

眠い・・3日間連続で乗船は初めてだ!
泣き言は言えない・・俺以上に船員さん達は辛いはず。

クラゲ除去・・2日目

クラゲ除去・・3日目

やはり・・いた!どうすればこのクラゲがいなくなるのか
北網に1000のクラゲ・・

ソーラーに影が少ないと判断した船長は前日に
南網のジッパーを閉めて来た・・どうなっているか?

写真を撮る暇が無い・・4000から5000のクラゲ
網の中にゴジャゴジャといる・・

ジッパーを開けて・・除去・・写真どころの話ではなかった!

クラゲ除去・・3日目

船員さん達は・・網の補強作業をする・・
俺に声をかけて来る

「疲れだベー・・」
「俺より・・あんだだぢの方が辛いべな!」
「おらんどせーじごどだもの・・やらねばなー」

「俺はロープを結べねーから邪魔者だけど・・
今回は乗って少しでも手助けできだ・・・」

「おうーでぃや・・たすがった・・」笑顔の会話・・

船員さんと心を通わせた瞬間だった・・

クラゲ除去・・3日目

帰りの船道のソーラーに・・何かの赤い魚網
「これはイワシの群れだよ」とキヨさんが話してくれた

いつも・・この魚網を見ていたい・・とも話す
点々としたクラゲの魚網なら見たくはない!

キヨさん・・「これが見れて豊かな海と言える」

クラゲ除去・・3日目

昨日の新聞紙面に・・TBTトリブチルスズ「環境ホルモン」の記事

養殖のハマチ・・安全なのか?
魚の変形は・・人の作り出した物での事・・

今、「食育」とか話すが・・なんかその前にする事があるのでは?

3日間の恩返しを終えて・・深川船長に頭を下げた・・

クラゲ除去・・3日目

クラゲ除去・・3日目

日の出丸に横に置かれた、魚の青い選別機が空しい
今日も100本の鮭の水揚げ・・今が最盛期なのに

女王鯖子の追ってから逃げないと・・

でも・・女王鯖子に頼もうかなー

「女王様の・・その体形と怒りの時の形相の怖さで・・
越前クラゲを追い払って下さいませんか?」と


「おはよう・・鯖男・・何処行っていたの?」

ドキッ・・鯖子だよー・・

夢だったのか?・・いいや違う・・現実問題
来年は・・もっと大量のクラゲが日本を襲う・・

日本の魚は・・皆無になる日が来るのかも・・怖い話でした!


***********************

「虎鯖 棒すし」関西以南への発送は航空便でいたします。
八戸ニューシティホテル0178-46-0311で確認を!
     ≫≫≫こちらから

ラズエル細木書・・週刊漫画「ゴラク」
「酒のほそ道」「ラ・寿司」「dancyu」掲載の
「虎鯖 棒すし」 と 「鯖のみそ造り」の購入はこちらから
   
   【まごころふるさと便】

   八食センター オンライン ショッピング

2009年10月04日(日)更新

逃亡者(鯖)・・クラゲ軍団編・・その1

私の名は・・リチャード・ギャンブル別名・・鯖男

追われる身なのだ。俺は無実だ!

朝の散歩(散海)の時に・・丸々と太った女王「鯖子」が
鮫に・・「デブ鯖かーデブ過ぎて口に入らない」と言われた

その言われた時を目撃した・・俺は
女王「鯖子」に・・「話したら死刑よ!」と恫喝された・・

公言しないと約束したのに・・風の噂で
「デブ女王が・・鮫にも嫌われた!」と世間に広がった

当然・・女王は俺を死刑にすべく・・追っ手を差し向ける
しかし・・俺は無実なんだ!

それからは・・逃亡の日々・・

陸なら・・追っ手から逃げられると思い・・種差の定置網の中へ

どういう訳か・・命を救ってくれてのが・・深川船長!
その恩に応えるべく・・漁の手伝いをする日々・・

しかし・・海の傍は追っ手に見つかる公算が強いが
恩を返さねば・・今日も漁のため日の出丸に乗船!

クラゲ除去の話

午前2時・・船員さん達の顔が暗い・・疲れているのか?
何故・・暗い表情なのか?

クラゲ除去の話

海の上・・スクリュウからの白波は
海中の暮らしを思い出す!・今は八戸沖で・・

ご馳走の・・背黒イワシとオキアミを食べに来た
八戸産の鯖らしく・・逞しい鯖になる為に!・・

そう瞑想にふける・・逃亡者(間違い鯖)

クラゲ除去の話

操舵をするキヨさんが・・「いやがるよーゴチャゴチャ」
と言いながら・・ソーラーに指を指す

ソーラーには、無数の点々が映し出されている
「クラゲだー」の一言

程なく・・種差海岸の沖の定置網に到着
ここで拾われたんだ・と思いつつも

クラゲ除去の話

網が見えない・・沈んでいる・・何故?
船員さん達の暗い表情の原因は・・網に入ったクラゲの多さ

いない事少ない事を祈りつつの出港だった・・
網の場所に来たら・・想像以上のクラゲの量

クラゲ除去の話

暗い中に・・・いた!不気味なヤツが
越前クラゲだ!

俺達・・鯖も(魚全部)・・このクラゲは嫌だ!毒を持っていて
触覚に触れると・・肌が変色して治らない!

人間でも・・ビリビリと肌を刺す痛みが走る・・と

クラゲ除去の話

昨日も出したのに・・と嘆く船員さん達・・
補強の為のロープを使い・・引き寄せ作業・・

クラゲ除去の話

クラゲ除去の話

クラゲ除去の話

北網の引き寄せ作業・・ここまで1時間・・鮭さん達なら
もう終了して南網へ移動する時間なのに・・

網は四角い長方形の箱状態だのだ
日の出丸の船体に端を繋ぎ固定をする。

下の縦網を巻き上げて・・反対の網まで
底網を引く・・徐々に引く・・

鮭さん達なら泳いでくれるので・・・網は簡単に巻ける
しかし・・クラゲは海に浮遊いているので

網を巻くほど・・網に絡みもたれるので・・重い!
1個1m以上で・・重さは有に100キロ以上
(海水が入るから・・何キロになるのやら?)

クラゲ除去の話

みんなで・・除去用の槍を持つ・・クラゲは網から出すしか
方法はない・・陸に上げても加工する業者も無ければ
産業廃棄物扱いで・・お金がかかる・・

クラゲ除去の話

船員さん達全員が槍を持って・・・かき出す
この作業だけで・・2時間以上続く・・

かき出しては・・網を巻く・・重さで重機も唸りの音

クラゲ除去の話

横網が膨れる・こちらも少しずつ巻いては・・かき出す

クラゲ除去の話

クラゲ除去の話

深川船長の背中も必死の作業だ・・
出しても出しても・・浮き出て来る・・その数3千以上

クラゲ除去の話

矢印のロープを上げて・・網を巻く・・
下げては・・槍でクラゲを追い出す・・繰り返しの作業

クラゲ除去の話

クラゲに来るなーと怒鳴っても・・むなしいだけだ!

終盤になるとクラゲが白く変色している?
聞くと・・窒息死してんだ・・この量のクラゲだから・・と

クラゲは死ぬと溶けだして・・網に絡み着く
それを放置すると・・網が重さで破けて大損害になのです。

クラゲ除去の話

5時を回ったころ・・朝日が・・

クラゲ除去の話

また横網にクラゲが絡まった・・その度に力作業・・

クラゲ除去の話

クラゲのバカヤロー・・

クラゲ除去の話

日が昇り・・やっとの思いで底に到着した・・
クラゲの除去を終えたら・・底に少量の鮭と平目・・

どの魚達も死んでいる・・クラゲの毒にやられた!

クラゲ除去の話

網を戻した瞬間に・・クラゲが入って行く・明日も除去だ

クラゲ除去の話

船員さん達は・・口にはしないが・・考えている
何時まで続くのか・・クラゲ退治の日々がと

鮭の大漁なら・・疲れも気にしないが
お金にもならないこの辛い作業・・「いつまで?」

クラゲ除去の話

鮭は、150本入っていた・・
去年は・・1000本を超えて入っていたのに・・

クラゲ除去の話

大好きな光景なのだが・・この下の海水の中に
あのクラゲがウジャウジャいると思うと・・むなしさが・・

クラゲ除去の話

クラゲ除去の話

荷下ろしは・・10分で終えた・・
日の出丸と船員さん達は・・南の網のクラゲ除去に向かう

私・・鯖男は・・ハローワークで職探しへ・・

海の上では・・女王鯖子の魔の手が気になる!

日の出丸の帰還は昼少し前だった・・と・・


この続き・・逃亡鯖は・・明日へ!



***********************

「虎鯖 棒すし」関西以南への発送は航空便でいたします。
八戸ニューシティホテル0178-46-0311で確認を!
     ≫≫≫こちらから

ラズエル細木書・・週刊漫画「ゴラク」
「酒のほそ道」「ラ・寿司」「dancyu」掲載の
「虎鯖 棒すし」 と 「鯖のみそ造り」の購入はこちらから
   
   【まごころふるさと便】

   八食センター オンライン ショッピング

2009年10月02日(金)更新

日の出丸・・今朝も明日も・・クラゲ退治へ

板長・・今、ホテルに帰還いたしました。

今朝も2時出港でしたー・・
日の出丸と共に、クラゲ軍団と対峙いたしてまいりました。

その様子等々・・投稿は、今の仕事上無理です。
(新鯖で、虎鯖を仕込むため時間がないのです。)

明日も・・と・・日の出丸の船員さん達に頼まれました!
力仕事なので、紐を結べぬ板長でも使えるみたいです。

何せ、船員さん達は毎日、越前クラゲと格闘なので
相当・・・疲労をしていますので・・

板長も今夜、起きれたら乗船します。

投稿は・・・後日にします・・すいません(--;

2009年10月01日(木)更新

日の出丸・・越前クラゲ千匹以上と格闘を!

板長・・ただ今、海の上から戻りました
日の出丸は、千匹以上の越前クラゲと格闘中

板長は、北網を引いた時点で市場に戻り
日の出丸は・・南網に向かいました!

その越前クラゲとの壮絶な戦いは後日書きます。

明日の朝も力仕事なので乗船しますので・・
投稿は・・明日以降です・・

板長・・・疲れてます!

2008年07月15日(火)更新

高校野球とラジオ・・B-FM

高校野球・・
宿泊している、むつ工業高校は勝利して
今夜また泊まりに来ます。。

また、馬並みの食事の大湊高校も春に負けた高校に
リベンジして・・次の試合へ進みました!

これは、きっと・・ホテルの飯の効果かも?
(アホッ!選手達の練習の成果じゃ♪♪♪)

新聞で高校野球の記事を読むと・・
・9人のチームの頑張り!
・チーム初の公式戦1勝を!
・ホームでアウト・・ゲーム終了・・

高校野球ならではのドラマが書かれています。
必死に白球を追いかける姿がいいですよねー

私は、特に負けたチームの話しを読みます
甲子園に行けるチームは・・1校だけ

60何校は負けることに・・そこにドラマが!・・
でも、3年生には悔いの残らないゲームをして欲しいですね!


********
昨夜は・・シー研所長の相模さんと
ラジオ出演でした、地域のFM局・・B-FMで収録

7.14B-FM
7.14B-FM
八戸の魚のお話です・・

これから秋にかけて、イカ・ホヤが美味しくなる事
八戸産の鯖は、環境に優しい事・・等々

7.14B-FM
進行役の・・二ッ森さん

7.14B-FM
7.14B-FM
B-FMのみなさん・・です。

秋には、深川氏の第三十八日の出丸の話しと
秋サバの話しをしてきます!

ところで。。。ホテルに戻り・・
「いつ放送?」・・あれ「聞いてこなかった」

実は、板長・・不謹慎にもアルコールが入っておりまして
昼の会議の懇親会後に・・収録でした・・

「アホッ!!!」お叱りの言葉・・が聞こえます・・
「すいません・・相模さん放送日・・よろしく!」です。


八戸ニューシティホテル

谷口板長の「虎鯖」と「鯖のみそ造り」はこちらからお取り寄せ!
   八食センター オンライン ショッピング 

お中元に最適『七重のいろどり』はこちらでもお取り寄せ!
   【まごころ ふるさと便】

2008年04月20日(日)更新

桜と梅

昨日の気温は何度だったのか?

午後にバスケの練習では、手袋を履いていました

「梅は咲いたか・・桜はまだかいな」

桜のつぼみ

ホテルの駐車場の隅にある桜です
桜の木、全体が赤くなり・・つぼみも咲く日を待っています。
他の所では、開花している桜もありましたが

桜とホテル

風の通り道なので、風の無い暖かな日に一気に開花かな?

梅の花

そして、可憐な花が咲き始めたのは・・梅でした!
桜も梅も毎年ほぼ同時の開花です。




八戸ニューシティホテル

谷口板長の 虎鯖 鯖のみそ造り の通販はこちらから

八食センター オンライン ショッピング おあがりやんせ はちのへ

まごころ ふるさと便

楽天市場・・・君乃屋食品

ご贈答に・・特に「お年寄り・・お子様のいるご家庭に」手間要らず!

八食センター メルマガ購読はこちらから
«前へ 次へ»

会社概要

会社設立前は、八戸市内で旅館を経営 S53年株式会社 ホテル八甲を設立 S54年5月15日ビジネスホテル 八戸ニューシティホテルを設立 資本金一千万 代表取締役 谷口陽子 専務取締役 谷口幸博 常務取締役 谷口圭介 宿泊業務を中心に行い...

詳細へ

個人プロフィール

鯖を語らせたら1番目の男!そして仕事の合間に熱血バスケのコーチ!

詳細へ

バックナンバー

<<  2020年7月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

コメント一覧

  • :黒めがね[06/13]
  • 麒麟がくる・・残りの画像から
    • 板長様 先日は星ヶ丘の三越でお世話になりありがとうございました。...

  • :歌沢彰[05/26]
  • 銭湯
    • 板長、小生もそこには一回行きました。結構古い施設ですよね。目黒⑨も銭湯年々...

  • :歌沢 携帯[05/19]
  • 4人目の孫が(^^♪
    • おめでとうございます。昨日、写真見せてもらいました。板長、すぐにいけないの...

  • :歌沢 携帯[05/10]
  • 昆布茶は出汁・・
    • そのへんにある鰹節(けすりぶし)など、どんどん使ってください。

  • :谷口 圭介[05/06]
  • 筋子が来たー
    • 歌さん、体を動かしていないので...

最新トラックバック

  • 第2回なんぶ鍋コンテスト from 南部太ねぎ|青森南部の南部太ねぎ販売 通販
    毎月22日「フーフー」言いながら鍋を食べる「鍋の日」条例! 今回、「なんぶ鍋コンテスト」を行い、南部町にしかない『郷土料理=ソウルフード』をこの鍋コンテストで発掘し、南部町を代表するオンリーワンの『なんぶ鍋』を町内外へ発信することを目的としております。 参加資格 ・南部町民の方なら、どなたでもOK。  ※御住所が確認できるものをご持参ください ・1人1鍋でご参加ください。 ・南部町産の地元食材を1品以上使用した特徴のある鍋にすること。(南部町産食材の数も審査の対象になります。) ※団体での申し込みは…
  • 「平目の棒すし」の製造工程を公開 from ベローズ・ラボ 「ベローズ案内人」
    京阪百貨店守口店で開かれている「東北展」に出展している経営者会報ブロガーの谷口板長さんが「平目の棒すし」の製造工程を公開しています。 「平目の棒すし」「虎鯖棒すし」の記事は社長の日記でも紹介しております。 >>>>>>> 社長の日記 社長の日記 三...
  • ”虎鯖すし”応援で逆に元気パワーを頂きました。 from 金型工場2代目会長の「経営革新」成功への日々を綴ります。古芝保治
    7日、近鉄阿倍野店9階催事フロアー・「東北六県味と技紀行」に”虎鯖すし”を出展されている経営者会報ブロガー谷口圭介さんにご挨拶に行ってきました。 ”虎鯖すし”の人気ぶりは、催事フロアーの一等場所にも現れています。
  • テストマーケティング研究所 from (株)京都工芸 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 青森県八戸に来ております。 異業種の経営者が総勢10名。 共通点はこの毎日書き続けている経営者会報ブロガーの方々です。 普段は全国におられるためネットがオンの状態でのつながりであったならば 実際にリアルにお会いするほうをオフ会と称し集います。 そして今回は人気ブロガーであります八戸ニューシティホテルの板長
  • 新刊『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい!』店頭展開開始! from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    新刊『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』の店頭展開が開始になりました。 昨日、FBで東京の神田啓文堂さんでの購入情報を得たのですが 大阪は今日からだと思ったので、朝一番で事務所の最寄りの書店である 紀伊国屋書店本町店さんにお邪魔したところ、まさに品出しの真っ最中でした! 書店員さんに「私の本なんです!どうぞよろしくお願いします!」とご挨拶。 そして新刊はこのよ