大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


八戸の田舎者・・・

投稿日時:2013/07/04(木) 06:34rss

鯖男・・・・
今朝、八戸に戻りました・・泳いでです。
板長は優雅に新幹線で帰宅の様ですが、更新は自分達・・辛い

鯖子・・
ホー珍しく鯖男のボヤキ!
全てに80点男が、ボヤクかなー?

鯖男・・・
いいえ、ボヤキだなんて・・・・とんでもない
ただ、高速泳ぎも疲れますので・・ハイ

鯖子・・・
あんたも真面目ねー
何が楽しくて・・・板長の報道官なのよー

鯖男・・・
いいえ  そんなー板長の報道官ではありません
「青森県のタメに働く・・鯖男なのです」

鯖子・・・
そんなのどうでもいいじやない!!!!
鯖男ー肩に何かを背負い過ぎ・・軽く軽く・・・

鯖男・・・
でも、僕にはこの道しか・・ありません・・真面目で好青年の姿(誰がや?)
若き日の板長と呼ばれています・・ハイ

鯖子・・・
あんたーバカねー板長はあんたなんか見てないわよ

見てるのは、美貌の・・わ・た・し・・・な・の・よ!

板長・・ナイスーバディーが・・「す・き」なのよフフフゥー

鯖男・・・
でも、板長と一緒に頑張らないと
小田急新宿も頑張りましたよ~


鯖子・・・
うそー板長なんかケンさんがいるから昼寝をしていたって評判よー
(鯖子が言い触らしました・・エヘへ!)

201307032232_1-300x0.jpg
鯖男・・・・
そんなー板長は地下催事の難しさを今回も痛感
売れたけど、売るところは板長の倍の数字を売るとの事

これも・・・勉強です!
201307032232_2-300x0.jpg
鯖子・・・
安く売ればいいのよ!
回りは・・有名店ばかり・・田舎者は安くすればいいのよ

健二郎・・・
ダメですよー
2重、3重の価格では、別な方法でお客様を止めないと・・

鯖男・・・
板長もそこを知りたいと言うのですよ

鯖子・・・
健二郎、私に向かって強気じゃないのーいい度胸ね!
201307032232_3-300x0.jpg
陽一郎・・・
回りの店舗は、都会のお店がズラリと並びます
201307032232_4-300x0.jpg
有名店、こだわりの店・・・首都圏のデーパートR◎分の何?
タイガー屋の羊羹
201307032232_5-300x0.jpg
とんかつの丸ぜ◎  お菓子だらけスィーツ天国
◎半の牛の弁当・・・
201307032232_6-300x0.jpg
美味しいメニューが並び
首都圏のデパート、地価催事

今回も、お客様を止めることが出来たのか・・と問われると
「?」と板長が言うのです。

流れる客をいかに止め販売するか?
201307032232_7-300x0.jpg
鯖子・・・
陽一郎ーまで知ったこと言うじゃない!

鯖男・・・
デパ地下では、鯖すしも当然売られているし、みそ煮も並んでいる
板長は、ここで自分の商品が売れるの?か・・と不安視・・でしたー

上の階の「物産展」とは違う事は何度も肌で感じてきたけど
ガラリと変えるには、仕込みから器まで色々と手間ヒマがかかる
201307040558_1-300x0.jpg

そんな中で、即売的に売れた品がありましたよ
虎鯖棒すし・焼き鯖すし・太巻きの「お楽しみセット」です。

当初は、全て2切れで販売したのですが・・イマイチ
そこで板長は、虎鯖棒すしだけを3切れにしたのです。

そうしたら・・アッという間に売れました・・・
きっと、お客様を止めれて購買に繋げる手段のヒントはここなのでは・・

鯖男・・・
そうかー味のバリエーションを増やして
量や目に入るところを工夫すれば・・いいのかー

鯖子・・・
どうせ田舎者なんだから・・田舎者丸出しで行けばいいの!
何よー陽一郎&健二郎

「俺達兄弟は、東京カッパ橋出身・・田舎者では・・・」みたいな顔して
バカねー見た目は田舎の鯖なんだから!

陽一郎&健二郎・・・
そんなーそんな事は思っていません!

鯖男・・・
首都圏のデパ地下攻略方法を少し体感できた板長ですが
実行をするには、もう少し研究と仕込みの時間あ必要です。




鯖刺し・鯖のみそ煮は・・・こちらから
東武オンラインショッピング
 東武おいしいもの発掘便

「虎鯖 棒すし」の注文は・・こちらから
アプレット
八食センターオンラインショッピング

虎鯖が行く6、22更新


虎鯖Tを販売へ♪

※八食センター「屋久岳」さんでの「虎鯖棒すし」の販売は
諸事情により・・お休みいたします。



トラックバック一覧

コメント


板長おつかれさまです!
その「お楽しみセット」は、阪神デパートにも持ってこられるんでしょうか?
10日の初日は野球観戦なので、持って行けると嬉しいのですが…

Posted by 大阪J子 at 2013/07/04 15:47:06 PASS:

大阪J子さん・・・おはようです。

ハイー板長が阪神のデパ地下催事にに出向きます
なので、この商品も並びますよー!

野球観戦ですかー「六甲下ろし」を歌ってからの観戦ですか?

初日・・お待ちしております♪

Posted by 谷口 圭介 at 2013/07/05 06:42:51 PASS:
名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
7bc31dd5228b64eab33ee888a708ce85.png?1537304304
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

会社概要

会社設立前は、八戸市内で旅館を経営 S53年株式会社 ホテル八甲を設立 S54年5月15日ビジネスホテル 八戸ニューシティホテルを設立 資本金一千万 代表取締役 谷口陽子 専務取締役 谷口幸博 常務取締役 谷口圭介 宿泊業務を中心に行い...

詳細へ

個人プロフィール

鯖を語らせたら1番目の男!そして仕事の合間に熱血バスケのコーチ!

詳細へ

バックナンバー

<<  2018年9月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメント一覧

  • :谷口 圭介[08/01]
  • 虎鯖が行く7,17更新
    • 谷口さん、コメントドモッ! 青魚を食べれて何よりです(^^♪...

  • :谷口[07/17]
  • 虎鯖が行く7,17更新
    • お疲れさまでした。向かいでワインを売ってました谷口です。...

  • :谷口 圭介[05/18]
  • 夏はバカンスへ!
    • ebifry様、コメントありがとうです!...

  • :ebifry[05/11]
  • 夏はバカンスへ!
    • 谷口様 各所での物産展での出店、誠にお疲れ様です。...

  • :谷口 圭介[04/30]
  • 新宿~横浜高島屋
    • 近藤様 コメントドモッ! ご心配~ありがとうございます(^^♪...

最新トラックバック

  • 第2回なんぶ鍋コンテスト from 南部太ねぎ|青森南部の南部太ねぎ販売 通販
    毎月22日「フーフー」言いながら鍋を食べる「鍋の日」条例! 今回、「なんぶ鍋コンテスト」を行い、南部町にしかない『郷土料理=ソウルフード』をこの鍋コンテストで発掘し、南部町を代表するオンリーワンの『なんぶ鍋』を町内外へ発信することを目的としております。 参加資格 ・南部町民の方なら、どなたでもOK。  ※御住所が確認できるものをご持参ください ・1人1鍋でご参加ください。 ・南部町産の地元食材を1品以上使用した特徴のある鍋にすること。(南部町産食材の数も審査の対象になります。) ※団体での申し込みは…
  • 「平目の棒すし」の製造工程を公開 from ベローズ・ラボ 「ベローズ案内人」
    京阪百貨店守口店で開かれている「東北展」に出展している経営者会報ブロガーの谷口板長さんが「平目の棒すし」の製造工程を公開しています。 「平目の棒すし」「虎鯖棒すし」の記事は社長の日記でも紹介しております。 >>>>>>> 社長の日記 社長の日記 三...
  • ”虎鯖すし”応援で逆に元気パワーを頂きました。 from 金型工場2代目会長の「経営革新」成功への日々を綴ります。古芝保治
    7日、近鉄阿倍野店9階催事フロアー・「東北六県味と技紀行」に”虎鯖すし”を出展されている経営者会報ブロガー谷口圭介さんにご挨拶に行ってきました。 ”虎鯖すし”の人気ぶりは、催事フロアーの一等場所にも現れています。
  • テストマーケティング研究所 from (株)京都工芸 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 青森県八戸に来ております。 異業種の経営者が総勢10名。 共通点はこの毎日書き続けている経営者会報ブロガーの方々です。 普段は全国におられるためネットがオンの状態でのつながりであったならば 実際にリアルにお会いするほうをオフ会と称し集います。 そして今回は人気ブロガーであります八戸ニューシティホテルの板長
  • 新刊『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい!』店頭展開開始! from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    新刊『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』の店頭展開が開始になりました。 昨日、FBで東京の神田啓文堂さんでの購入情報を得たのですが 大阪は今日からだと思ったので、朝一番で事務所の最寄りの書店である 紀伊国屋書店本町店さんにお邪魔したところ、まさに品出しの真っ最中でした! 書店員さんに「私の本なんです!どうぞよろしくお願いします!」とご挨拶。 そして新刊はこのよ