大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


乞食のままか?伝統芸能にして行けるのか?

投稿日時:2011/08/01(月) 22:59rss

鯖男・・今日はサチコさんとユカさんは
 昨日から連休、先日まで休み無しの催事だったから

 今回は、ちょうど「八戸三社大祭」の「お通り」の日に
 お休みを与えてあげれたと板長・・

鯖子・・それでサチコさんからこの画像が来たんだ!

20110801_19.jpg




















 そうよね・・板長は、みんなを休ませたら
 お祭りの画像は写せないものね!

鯖男・・でも多分、板長はお祭りは見に行かないよ
 あの人の中には入って行けないと思う・・
20110801_20.jpg




















鯖子・・八戸三社大祭は、豪華絢爛そのものだわ・・
 確かに「日本1の山車祭り」を豪語するだけはあります。

鯖男・・そうだよね、このお祭りは「山車」の豪華さでは
 完全に1番だと思うと板長も思っている・・けど・・
20110801_21.jpg



















 町内の山車は・・板長ホテルの前には来ないけど
 「門付け」(寄付金とり)には必ず来る!

 他の町内なら、山車が来なくとも仕方ないが・・
 せめて自分の町内の山車が来ての地元の祭り・・何か変?

20110801_22.jpg




















 別に「豪華絢爛」で無くとも
 「五穀豊穣」「豊作祈願」「無病息災」等々の願いが

 三社の神社から発せられての氏子の山車なら
 小さくとも大きくとも・・どうでもいいと思う板長!
20110801_23.jpg














(少し愚痴る・・鯖男です・・許してください)

 板長は去年も同じことをブログで書いたんだけど
 今年も同じだった、見事な「祝詞」の組もいっぱいあるけど


 何も言わないで玄関から入る茶髪の若い衆

 「何々組です」の一言?
 板長・・「はぁ?何か?しましたか?」と尋ねると

 紙を出して・・見せる茶髪男性・・

 板長・・思わず『乞食だ!』とこの男性を判断!
20110801_24.jpg















 「門付け」神社に神様がやどり、氏子達が祝い
 神様に宝物を捧げ・・・その代わりに願いを聞いてもらう

 「八戸三社大祭」・・神様に山車を見てもらい
 氏子の心を捧げて平穏な生活を守って貰うのがお祭りの意味
20110801_25.jpg

















 もしも・・板長が「門付け」をするなら・・

 「正面から入ります!何々神社の氏子の何々町内です
 神様から、商売繁盛のお札を頂きましたので・・

 どうか・・お祝いの品を頂きたいと思います!」と話し
 下手でもいいから心の篭った「祝詞」を挙げます。
 
 礼を尽くしての「門付け」なら「商売繁盛」に繋がるけど
 この「門付け」なら日本1のは無意味で恥ずかしい

鯖子・・そうよね板長には、日本1の山車は要らないけど
 山車を作った人達の気持ちは感謝の域に値する

 あの「門付け」の態度と意味は?
 
 銜えタバコで、お酒で赤ら顔の大人に
 だらしない仕草や姿勢で歩く・・高校生らしき若者

 平日の午後3時は・・まだまだ仕事時間中
 

 僅かなご祝儀でも「祝詞」を唄う組もあれば
 コインでは唄わない・・1枚は×で2枚からするとか?
 
 何百万をかけた山車の金銭の回収のための
 「門付け」でいいのかな?・・こんなのでいいのー
20110801_26.jpg





















鯖男・・伝統のお祭りは「祈願」が命なのか
    「日本1の山車」を見せるバカ騒ぎなのか

 お祭りなら・・根本を見直して
 無理ならカーニバルにすればいい

 この「門付け」の意味合いで分かれると思います。

 20組へのご祝儀・・何万円の出費
 この震災の後のお金は「血のお金・・・」

 何か・・変?


トラックバック一覧

コメント


こんばんは。
先日は突然おじゃましまして失礼しました。
でもありがとうございました。

去年も同じようなことを書いていましたね。
郡山にいるぼくがとやかく言える立場ではありませんが、
谷口さんのおっしゃっていることをみんながわかってくれて、本当に心から楽しめる、感謝できる、そういうお祭りになってほしいなと思っています。

形あるものを継承していくというのは多分比較的簡単なんだろうなあと思います。
でも見えない何か大切なことっていうのは、ちゃんと人から人へつなげていかないといけないんですよね。

谷口さんが抱いていることをたくさんの人が気づいて、そして、つながっていくといいなあと願っています。

いろいろな意味で応援しています。
がんばってください

Posted by くさかしげる at 2011/08/02 22:53:25 PASS:

あ、それから言い忘れていたことがありました。
このあいだ、谷口さんがおばあちゃんに言って出かけてしまった、支払金額は少なすぎますよ。
ちゃんと払わせてもらわないと谷口さんに無理も言えません。
たのみます。

でもまたふらっと行ってみますね。
こちらはこちらでいろいろがんばります。

Posted by くさかしげる at 2011/08/02 22:59:03 PASS:

あ、そうだ、そういえばお邪魔した次の日に「八戸レビュー」買って帰りました。
さっちゃんは本当にすてきですねえ。
そして、厨房で「めし」を食う姿は今でも目に焼き付いています。
かっこよかった。

Posted by くさかしげる at 2011/08/02 23:02:59 PASS:

日下さん・・返事が遅れてすいません。

八戸レビューを買われましたか・・感謝

お祭りへの意見は、地元だから書きました
ここが出来ないと次はありません・・からねー

日下さん、今年も福島、中合の出店が10月に決まりました
必ず来てくださいね!蕪島のお守り持参します

そして・・料金は普通に頂きますからね!・・では

Posted by 谷口 圭介 at 2011/08/07 06:32:24 PASS:
名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
33dd1666a20b2983d28245b87b4abd88.png?1542309044
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

会社概要

会社設立前は、八戸市内で旅館を経営 S53年株式会社 ホテル八甲を設立 S54年5月15日ビジネスホテル 八戸ニューシティホテルを設立 資本金一千万 代表取締役 谷口陽子 専務取締役 谷口幸博 常務取締役 谷口圭介 宿泊業務を中心に行い...

詳細へ

個人プロフィール

鯖を語らせたら1番目の男!そして仕事の合間に熱血バスケのコーチ!

詳細へ

バックナンバー

<<  2018年11月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメント一覧

最新トラックバック

  • 第2回なんぶ鍋コンテスト from 南部太ねぎ|青森南部の南部太ねぎ販売 通販
    毎月22日「フーフー」言いながら鍋を食べる「鍋の日」条例! 今回、「なんぶ鍋コンテスト」を行い、南部町にしかない『郷土料理=ソウルフード』をこの鍋コンテストで発掘し、南部町を代表するオンリーワンの『なんぶ鍋』を町内外へ発信することを目的としております。 参加資格 ・南部町民の方なら、どなたでもOK。  ※御住所が確認できるものをご持参ください ・1人1鍋でご参加ください。 ・南部町産の地元食材を1品以上使用した特徴のある鍋にすること。(南部町産食材の数も審査の対象になります。) ※団体での申し込みは…
  • 「平目の棒すし」の製造工程を公開 from ベローズ・ラボ 「ベローズ案内人」
    京阪百貨店守口店で開かれている「東北展」に出展している経営者会報ブロガーの谷口板長さんが「平目の棒すし」の製造工程を公開しています。 「平目の棒すし」「虎鯖棒すし」の記事は社長の日記でも紹介しております。 >>>>>>> 社長の日記 社長の日記 三...
  • ”虎鯖すし”応援で逆に元気パワーを頂きました。 from 金型工場2代目会長の「経営革新」成功への日々を綴ります。古芝保治
    7日、近鉄阿倍野店9階催事フロアー・「東北六県味と技紀行」に”虎鯖すし”を出展されている経営者会報ブロガー谷口圭介さんにご挨拶に行ってきました。 ”虎鯖すし”の人気ぶりは、催事フロアーの一等場所にも現れています。
  • テストマーケティング研究所 from (株)京都工芸 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 青森県八戸に来ております。 異業種の経営者が総勢10名。 共通点はこの毎日書き続けている経営者会報ブロガーの方々です。 普段は全国におられるためネットがオンの状態でのつながりであったならば 実際にリアルにお会いするほうをオフ会と称し集います。 そして今回は人気ブロガーであります八戸ニューシティホテルの板長
  • 新刊『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい!』店頭展開開始! from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    新刊『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』の店頭展開が開始になりました。 昨日、FBで東京の神田啓文堂さんでの購入情報を得たのですが 大阪は今日からだと思ったので、朝一番で事務所の最寄りの書店である 紀伊国屋書店本町店さんにお邪魔したところ、まさに品出しの真っ最中でした! 書店員さんに「私の本なんです!どうぞよろしくお願いします!」とご挨拶。 そして新刊はこのよ