大きくする 標準 小さくする

2008年06月04日(水)更新

ものつくり・・八戸産の鯖

今朝の八戸は青空が出ています
やっとの晴れ間です・・2週間も見てない気がします。


昨日は・・ハーブストックさんへ
色々なことを・・偉そうに話してしいました。。

私もハーブストックさんも・・「ものつくり」の職人
このネットの時代は、「つくる」を伝える時代!

ハーブストックさんに言う前に自分も研究です。
「八戸の鯖」
この鯖の美味しさを、いかに伝えるか?
いいえ・・いかに美味しく伝えるか作るかです。

6月3日の鯖
写真の鯖・・上は八戸産で冷凍物(去年前)
      下は静岡産で今捕れた鯖です。

鯖は全国各地で水揚げされる・・庶民の魚

八戸に生まれた私は、昭和の八戸〆鯖を食べたい一心で
今の「虎鯖」を作りました。

6月3日大虎鯖 刺し
虎鯖を作る工程は・・特許申請のために話せませんが
試行錯誤の繰り返しをしたことは確かです。

今、「ものつくり」をする時に考えているのは
家庭で・・簡単に焼ける鯖焼です。

鯖の脂質の比較6.03
上の写真の・・上が静岡産・下が八戸産
両方とも「虎鯖」の加工工程で仕上げました。

赤く囲った、脂質は八戸産の誇りです
この脂質を「虎鯖焼」に仕上げたい!

赤い囲みの赤は栄養豊富な血合い部分
その回りに見えますか・・ポツポツと白透明の点が

それが・・・「八戸鯖の誇り・・脂質の旨さ♪」

他県の鯖も美味しいです・・静岡産の鯖は臭みもなく
適度な脂質があり・・サッパリとした味わいです。

虎鯖焼
「虎鯖」は〆鯖です・・子供達がたべやすいように
骨を抜きました・・ガブッと食べて欲しいから

この焼鯖にした時に八戸産の鯖が・・『超旨い』
脂質の威力ですねー

今、その虎鯖焼を製造する工程は完成しています・・
問題は塩加減と味の部分です

塩加減は研究時間が解決しますが・・味のところです

秋田の藻塩と炭塩
秋田の藻塩と炭塩です・・隠岐の島の藻塩と比べながら
味を見つける作業を繰り返しています。

塩が味を決めます!

天然塩は、降り塩にする時に・・ボタッと落ちるので
降り塩には向きません!

市販の焼鯖は、塩水漬けです。私は降り塩です、それは
後で・・・

生産者の日記・・特に私の日記は重い内容です・・
思い入れが強いからです・・(理解しています。)

でも・・何故かこう重くなる・・伝える難しさ・・





八戸ニューシティホテル

谷口板長の「虎鯖」と「鯖のみそ造り」はこちらからお取り寄せ!
   八食センター オンライン ショッピング 

お中元に最適『七重のいろどり』はこちらでもお取り寄せ!
   【まごころ ふるさと便】
<<  2022年8月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー