大きくする 標準 小さくする
前ページ 次ページ

2011年10月21日(金)更新

秋サバが小さいとの情報



板長です。

函館での催事を終えて・・1週間八戸に滞在をして

来週は・・聖地「船橋東武」

「虎鯖 棒すし」が最初に発売された場所へ

千葉県の船橋東武デパートへ26日に移動をして
27日から「にっぽんの味展」に参戦します。

4回目の出店・・催事としては今年の5月に
宮城県の応援出店がり5回目の出店

今、板長の虎鯖が歩んで来れたのも・・
船橋東武デパートの「ぶっさん」があればこそ!















「はちみーつ」の会員のみなさんに
試食をしていただいて完成した「虎鯖 棒すし」も

4年の歳月を経て5年目に突入です。
今までも多くの人の方々の声援で今日を迎えます

「みなさまに感謝です。」













5年目に入る今・・試練がありまして

八戸の港に水揚げされる鯖・・真鯖が少なく小さい
岸壁には、巻き網船団が休息の光景が続いていて

次の漁に備えているのでしょう
他県に行かないで、八戸の海で漁をしています。

情報では、鯖が小さいため他県の海で操業か?と

 













鯖を仕入れる冷凍庫業者さんの前には1トン箱の中に
大量のゴマ鯖の中に鯖とかイカがビッシリと詰め込まれ

これから、種分け作業をして冷凍を待つ段階です















函館帰りの板長の思いは・・鯖を捕る巻き網船団が
八戸の港にいて・・一安心、そして鯖を見て安心

ここまでは安堵・・生活が出来る!と思いました。















五戸水産の社長さんは、
「イカも同じだよ、お腹にはアミが入っていて消化されたら
グングンと大きくなるのに!イカも鯖もこれからかも?」

10月20日・・例年だと600gクラスが大量に揚がり
11月半場まで大きな鯖が見込める八戸前沖















板長が見ても、600gあるか無いか・・
この大きさで大きい方、確かに小さい

自然界ありき・・での食の商売は「同じ」は無いのです
去年と同じ・・毎年同じ・・は有り得ない事なのですね!















まだ・・大きめの鯖が揚がる可能性はあるし時間もあります
11月の半場まで・・その推移を見なければ

毎年、船橋東武デパートから販売する
大きな鯖での「新物」は今年は封印かも・・・


2011年10月19日(水)更新

どうする・・・これからの地元?

板長、今日は・・はちのへです。















函館の棒二森屋から戻りました。
27日からの千葉県「船橋・東武デパートにっぽんの味展」

虎鯖を首都圏に送り出す、きっかけになった場所
「虎鯖棒すし」を製作に向かわせた地・・船橋東武

今回で4回目の東武です・・今回は、板長と
サチコ・ユカ・ヤスの4人で望みマネキンは雇いません

八戸の留守組のチカ・ジュンにまた迷惑をかけますが
マックスの製造と販売を目指します。


ところで・・先刻の大間からの友人・ナリアツからの
陣中見舞い・・の箱の中は















大間のマグロ・大間の塩ウニ・・たこ、もずく
そして、マグロの心臓です。















心臓・・焼いて食べると動物の肉の感覚!
そう、マグロに1個しか着いていません。















友人は「大間は、町全体でマグロを大切に守って来た
テレビ新聞のメディアも大切に使わせてもらった・・」と

ここまで「大間のマグロ」が全国に認知されたのは
町民の努力・・確かに彼らの取り組みは本州最北の地を

全国区に押し上げた・・















青森県内では一級品の「大間の塩ウニ」
ウニと塩だけの製法の味は・・まさに一等賞物!

函館への移動列車の中















行きも帰りも・・ガラガラの車内

板長の肌にも、連絡船が海峡の移動手段の頃のほうが
函館に勢いと活気があつた・・

あれだけの観光地を有する函館
小学生・中学生の修学旅行の賑わいも・・?
 
大間の友人も地元のお店をどうするかの話と
お互い同じく・・後継者問題が・話のネタになる

板長も今年の秋の鯖は型が小さく
600g級の八戸産の鯖が手に入るのかが心配です

大間にしろ、八戸にしろ・・観光地、函館しても

ナリアツと夜遅くまで仕事の話だった
お互い明るい性格だが・・話は真面目なことばかり

バカをやる歳でもないが・・
この歳でお互いが感じていた事は

どこに視点を置いて歩いて行くのか?
55歳だからこそ・・見据えていかねばならぬこと・・

2011年10月18日(火)更新

函館湾から太平洋へ・・

板長です。

函館の地は碁盤の目状になっていますから
走っても迷子にはなりません。















朝6時は夜が明けたばかり・・
この画像は、14日の朝です。

早起きジジーは朝日に向かって走ります・・
グリコのマークの服装はしていません















この道を行くとレンガ倉庫と・・函館湾

で・・逆は















太平洋に出た朝日が見えています。
今日は・・この道を走ります。















太平洋に出ると
函館山を山手に見える海岸線















反対は・・七重浜(この字?七飯?)の方向
石川啄木の詩を書いた石碑もこの稜線















函館市役所・・何度も思う

ここは、横浜と同じに、洋風の風が流れていて
色々な所に・・他の地域には真似が出来ない文化がある















ベンチの足は・・マリンブルーと海の香り















街灯だって・・マリンの香り

センスの良さは一級品!板長、函館を楽しんでいます。

2011年10月18日(火)更新

函館で「はちのへ」を伝える!

板長です。
日曜のお昼前に・・物産協会の局長から電話・・その事を投稿

「板長・・今日の催しは中止になった・・
ここの、せんべい汁も棒二森屋へ運んで振舞うよ」

土曜の日から函館駅前にて
「全国、市場サミット」開かれていて

その市場のブースに「はちのへせんべい汁」が
はちのへを代表して参加していたのです・・

残念ながら・・その画像は仕事中なので写せませんが

時を同じくして・・函館棒二森屋7階催事場では















棒二側から板長に依頼があり・・
200食の八戸せんべい汁を作りました。

先着200名様・・日曜なので残る心配は無いとは言うが

板長・・雨と強風の函館、残るかも?の不安















せんべい汁研究所からは、
「板長、外は中止だから・・中のお振る舞いで
八戸を宣伝してくださいよー!!」と田村氏と木村氏

けっこう・・板長・・プレッシャー















でも・・担当者の工藤氏が
「板長、100人程の行列が出来ています!」

この報告で・・一安心の板長















八戸の風土から生まれた「せんべい汁だー」
「おいしいのねー」「へー思っていたより柔らかい」

熱い館内でも・・フーフーの声で頬張るお客様















20分ほどで完売しました。

「はちのへ」を伝える
「せんべいの歴史」までは伝えられないけど

八戸の味の一端は伝えることができたと自覚・・

しかし・・催事の業者仲間からは
「エッ?無いのもう・・俺達の分は?」ブーイング

確かに・・こちらの仲間達も宣伝マンでした!















夜は、大間の同級生が津軽海峡を
大間からのフェリーで渡航して・・函館へ

久しぶりの再開に・・
「函館の活イカ」を堪能しての語らい

この「活」が無い・・はちのへは・・

悔しさを胸に飲む板長と友人でした。

2011年10月17日(月)更新

北海道の地ビールを板長・・飲む!

板長です。

金森倉庫















今は、ここレンガ倉庫郡は夜の観光地
色々なお店が観光客を魅了していて

朝の集客場所の「函館朝市」とは完全に別顔















朝早くからの顔・・昼の観光地めぐり
そして・・函館山の夜景の後は、ここレンガ倉庫















広い区画の、一番函館駅側にはビールの建物
地ビールを飲めるお店です。















中は・・暖炉をイメージして北海道を演出
北海道は、サッポロのイメージでビールとイコール

このイメージだけでも観光なのですねー
青森県イコールは・・リンゴですが















北海道は・・イコールが多いですよねー

乳製品と北海道!
鮭・海産物と北海道!
ポテト・とうもろこし・農産物と北海道!















地ビール「北の?」と言うビールです
板長・・ビールの味よりも感心したのは・・















お客様・・駐車場がガラガラなので空いている・・と
中に入ると大勢のお客様・・

予約の帳面が置かれ・・順番待ち
板長も1人でしたが・・4番目待ち

駐車場に車が無くて・・中は大忙し・・

つまり、客は全員観光客なのです!

板長も知っています・・その様な店舗を
八戸の「八食センター」も地元は行かぬが

県外からの観光客で潤う場所

これからは、地元と観光は区別しつつも
視点は「観光客が来やすい場所を作ることが大事」なのです

2011年10月15日(土)更新

棒二森屋の地下食品店街の名店・・華淋


板長です。
去年の11月に、ここ棒二森屋で新幹線青森開通祝いで

棒二森屋地下催事売り場で「八戸せんべい汁」をお振る舞い

その際に、協力と知恵を出して下さったお店が















「華淋」さんです。
板長、その際は2日間だけの滞在でしたが・・

華淋さんの料理の・・・とりこです。















板長、一人では居酒屋や食堂には行きません
出張の日々は・・ホテルで食事が定番です・・

なかなか・・行きやすいお店と言うのは・・
見つけられなのが・・・常















板長、一人では居酒屋や食堂には行きません
出張の日々は・・ホテルで食事が定番です・・

なかなか・・行きやすいお店と言うのは・・
見つけられなのが・・・常















ここのお店の一番人気は、3時には完売になる
「海鮮塩味炒め」

イカ・エビ・・野菜の絶妙なハーモ二ィー
この塩だけの味付けなのに・・感動♪















板長のお勧めは・・「セロリとイカの塩炒め」
セロリの旨さを最大限に生かしてイカの味を邪魔しない















普通なら・・ゴマ油でごまかしが利く中華だが
マスターは違う!塩とアン・・















料理・・板長も料理の中に生きる身です

華淋さんの腕は確かな技でお店を繁盛させています!

華淋さんのところに戻り確かめる事・・

そうです「味」「技」で勝負が本来の醍醐味を自覚する


函館に立ち寄ったら・・是非・・棒二森屋に・・

  『旨い食あり』

2011年10月15日(土)更新

函館を走る!

今日も・・板長の言葉で・・

函館 棒二森屋での「全国うまいもの市」
 初日は、リピーターの方々が多く来られ・・感謝!

 良い滑り出しです。

板長が宿泊するホテルは、駅前・棒二森屋にも近い所
ジジー板長は・・そうです、早起きが得意♪















6時には・・走りはじめています・・鯖男は起さない

函館朝市は元気に函館の朝一番早い顔です。
夏は、まだ生きているイカが売られています!















昔の「国鉄桟橋」に停泊する摩周丸
この連絡船に何度乗ったことか?

ジャンジャンジャン・・ジャンと鳴らす
銅鑼の音と共に流れる「ほたるの光」

板長の頭には・・哀愁の文字















函館の水産市場を見ながらの函館山
観光の超目玉・・















走って見えてきたのは・・レンガ倉庫郡

この倉庫郡は新たな観光の目玉なのでしょうね
昼には五稜郭やトラピストとか・・

夜は、函館山の夜景とここのスポットなのでしょう
板長がガキの頃は・・整備をされていなかった・・

もしかしたら・・倉庫そのもので働いていたのかも?















水路が当時の繁栄を物語っていますねー

ここ函館は、洋館が本当に似合うし
個人の家も・・洋館でいい















このレンガ倉庫は、夜の顔なはず・・見たい

レンガ倉庫の中にはなにがあるのか?

ここでビールが飲みたいが・・と思いつつ
走れ走れの出腹の板長です。















折り返しは旧函館支庁跡が見える坂・・

どこを走っても・・観光スポット目白押しの

函館市内でしたー

(このランと画像は、13日の内容です。)

2011年10月14日(金)更新

母の生まれた地函館

板長の言葉で書きます。

兄が来て、女子部が棒二森屋で催事を行って
板長は、催事だけで函館参戦は今回が初です。

函館は、板長にお母が生まれ育った土地















板長のガキの頃は、連絡船で青森から函館へ
3時間・・2時間50分の船旅だった・・

今は、青森~2時間を切っての電車旅
やはり・・何か物足りない・・北海道へは連絡船でしょう















摩周丸・十和田丸・大雪丸・・等々
プラットホームからの紙テープの波は情緒があった

今は・・何も無く・・函館駅に到着















当時の青森駅の売りは、日本一のホームの長さ
列車がホームに着くと・・海側に歩け歩け・・

列車の中で、乗船手続きと言って紙に住所氏名を書く紙を
車掌さんが配ってくださり・・母が名を書いていた・・















板長が函館に何度も通ったのは小学生の頃
駅前は多くの観光客・と・修学旅行生

もの凄い活気があって観光地「函館」は揺るぎもない名称

食は「イカ」と「カニ」
お土産は・・ブランド名・・「北海道」















市内を駆け巡るのは・・路面電車
「湯の川」行きの名が書かれていた・・

昔は、どこ駅かは?杉並町のお婆さんの住む場所で降りた
八戸には無いこの電車は興味深々の乗り物でした・・

函館山、五稜郭、トラピスト、教会、ドック・・・
何処へ行くにも・・まずは路面電車から















今も、函館の顔として移動に欠かせない乗り物です

ガキの頃、谷地という地名からの名か?
谷地の温泉へ行ったことを覚えている・・

熱く・茶色く・塩っぱい温泉に路面電車に揺られて
たしか・・函館山の麓・・終着点だと認識

函館の思い出は・・沢山あるが
すぐに思い出せることは・・・つまらないことが多い・・

2011年10月13日(木)更新

通過駅にならないために・・

板長です。

今日は、自分の言葉で書きます。
それは、明日から津軽海峡を越えて、函館での催事

函館・棒二森屋百貨店で「全国うまいもの市」で
板長は、青函トンネルを渡り・・北海道へ渡って見ての

青森県を・・板長の目線で感たことを書きます。















八戸から新幹線で新青森へ向かいます
移動時間は30分かからなかった・・















今は、北海道は遠い地ではない・・「はやぶさ」・・
300キロ以上のスピードで移動をする世の中

「E5系」と言う新幹線の背中が見えます















青森県の一番の産業は、農業の1次産業・・です
県庁よりも大きな企業が無いのは青森県だけと聞いたが?

新幹線の車窓からは・・田園風景だけの板長の青森県

私は・・その田園風景だけでいいと思う1一人です。















青森県の良さは、自然が他県とは比べ物にならないほど
素敵に残っている事です!

3方を囲む海は県では青森県だけ・・
八甲田を挟んで東と西の平野があるのも県では青森県だけ

ここ、新青森駅に到着したら・・
別のホームに移動して、青森駅や弘前駅方面へと向かう

何故?

函館に行くなら・・別に新青森駅は要らないはず!
板長は思う・・「真っ直ぐ北海道へ行くための新青森駅」















駅舎は・・今から北海道に向いています。

私は、首都圏に青森県の特産品「八戸の鯖」を持って
県外からお金を青森県に持って来ています!

ここは大事なことなのです。
国としても県としても・・お金を自国・住んでいる県に戻す

今のギリシャしかり・・外貨を稼げないと将来が・・















この列車で新青森駅~青森駅を5分足らずの距離を
何往復もしている状況は・・新青森駅は終着駅ではない!

そうです!通過駅になると言っている事なのです。

でも、これはしょうがない事実です。
首都圏から新幹線で北海道へ渡る・・長年の夢なのです

では・・大きな産業が無い青森県は、これから県として
住民の生活基盤として何をして行くか?

これから・・工業のコンビナートへ移行する?
そんなの無理です・・やっても無意味・・

青森県は、食料自給率が114%の青森県は
食の青森県を断然前面に押し出して進まねば!















この列車で新青森駅~青森駅を5分足らずの距離を
何往復もしている状況は・・新青森駅は終着駅ではない!

そうです!通過駅になると言っている事なのです。

でも、これはしょうがない事実です。
首都圏から新幹線で北海道へ渡る・・長年の夢なのです

では・・大きな産業が無い青森県は、これから県として
住民の生活基盤として何をして行くか?

これから・・工業のコンビナートへ移行する?
そんなの無理です・・やっても無意味・・

青森県は、食料自給率が114%の青森県は
食の青森県を断然前面に押し出して進まねば!

2011年10月12日(水)更新

函館の棒二森屋へ・・

鯖男・・福島の人達は元気でした!
  震災と別の苦しみを抱いた人々は

  板長が想像するよりも、はるかに明るい表情で
  なんら悲壮感のようなものは見えなかった・・















  福島に滞在したのは4日~11日8日間
  そのうち4回朝の阿武隈川を走らされた・・鯖が

  板長・・この位の気温がちょうどいい
  15度・・秋から晩秋へ向かう季節















  川岸の木々達も少しずつ色づき始めた感じです。

  福島は東北でも南の地
  今日の午後は・・北海道の函館です。

  板長、当初は車での移動を考えていたけど
  到着時刻から・・帰りの船の時刻に良い便が無く
 
  無駄が多いため電車での移動に決めたみたい!















鯖子・・おはよう!
  女子部は一足早くの帰還でしたー
  で・・この画像は根城城址、もしかして

鯖男・・そうだよ!板長、何を考えているのか
  早起きをしたからと言ってジョグだよ・・

  今日は、函館に移動なのに・・















鯖子・・八戸の体感・肌から伝わる気温は
  やはり、福島とは違った?

鯖男・・板長は北の地八戸だからと言って
  ラン用のスエットを着てのラン・・俺は裸

  鯖用のスエットや服装は無いんだって!















鯖子・・今日は、板長は函館だわね
  板長のお母さんが生まれ育った地だわ・・

  板長も子供の頃は何度も函館へ旅をしていた
  今日は、函館に仕事をしにいく旅なのね!

  午後は、函館棒二森屋の催事場です。
«前へ 次へ»

会社概要

会社設立前は、八戸市内で旅館を経営 S53年株式会社 ホテル八甲を設立 S54年5月15日ビジネスホテル 八戸ニューシティホテルを設立 資本金一千万 代表取締役 谷口陽子 専務取締役 谷口幸博 常務取締役 谷口圭介 宿泊業務を中心に行い...

詳細へ

個人プロフィール

鯖を語らせたら1番目の男!そして仕事の合間に熱血バスケのコーチ!

詳細へ

バックナンバー

<<  2011年10月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメント一覧

  • :歌沢 携帯[05/19]
  • 4人目の孫が(^^♪
    • おめでとうございます。昨日、写真見せてもらいました。板長、すぐにいけないの...

  • :歌沢 携帯[05/10]
  • 昆布茶は出汁・・
    • そのへんにある鰹節(けすりぶし)など、どんどん使ってください。

  • :谷口 圭介[05/06]
  • 筋子が来たー
    • 歌さん、体を動かしていないので...

  • :谷口 圭介[05/06]
  • 大根汁
    • 歌さん宅の台所を縦横無尽に使っています♪

  • :歌沢 携帯[05/06]
  • 筋子が来たー
    • そうなんですよ。東京だと筋子はあまり売ってないです。今まで旅先ぐらいでしか...

最新トラックバック

  • 第2回なんぶ鍋コンテスト from 南部太ねぎ|青森南部の南部太ねぎ販売 通販
    毎月22日「フーフー」言いながら鍋を食べる「鍋の日」条例! 今回、「なんぶ鍋コンテスト」を行い、南部町にしかない『郷土料理=ソウルフード』をこの鍋コンテストで発掘し、南部町を代表するオンリーワンの『なんぶ鍋』を町内外へ発信することを目的としております。 参加資格 ・南部町民の方なら、どなたでもOK。  ※御住所が確認できるものをご持参ください ・1人1鍋でご参加ください。 ・南部町産の地元食材を1品以上使用した特徴のある鍋にすること。(南部町産食材の数も審査の対象になります。) ※団体での申し込みは…
  • 「平目の棒すし」の製造工程を公開 from ベローズ・ラボ 「ベローズ案内人」
    京阪百貨店守口店で開かれている「東北展」に出展している経営者会報ブロガーの谷口板長さんが「平目の棒すし」の製造工程を公開しています。 「平目の棒すし」「虎鯖棒すし」の記事は社長の日記でも紹介しております。 >>>>>>> 社長の日記 社長の日記 三...
  • ”虎鯖すし”応援で逆に元気パワーを頂きました。 from 金型工場2代目会長の「経営革新」成功への日々を綴ります。古芝保治
    7日、近鉄阿倍野店9階催事フロアー・「東北六県味と技紀行」に”虎鯖すし”を出展されている経営者会報ブロガー谷口圭介さんにご挨拶に行ってきました。 ”虎鯖すし”の人気ぶりは、催事フロアーの一等場所にも現れています。
  • テストマーケティング研究所 from (株)京都工芸 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 青森県八戸に来ております。 異業種の経営者が総勢10名。 共通点はこの毎日書き続けている経営者会報ブロガーの方々です。 普段は全国におられるためネットがオンの状態でのつながりであったならば 実際にリアルにお会いするほうをオフ会と称し集います。 そして今回は人気ブロガーであります八戸ニューシティホテルの板長
  • 新刊『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい!』店頭展開開始! from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    新刊『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』の店頭展開が開始になりました。 昨日、FBで東京の神田啓文堂さんでの購入情報を得たのですが 大阪は今日からだと思ったので、朝一番で事務所の最寄りの書店である 紀伊国屋書店本町店さんにお邪魔したところ、まさに品出しの真っ最中でした! 書店員さんに「私の本なんです!どうぞよろしくお願いします!」とご挨拶。 そして新刊はこのよ