大きくする 標準 小さくする

2019年10月04日(金)更新

催事業者は催事屋にイラ!

【虎鯖が行く、進行中の催事と次の催事】

2019

○東京都 二子玉川高島屋店 板長参戦
・10月2日(水)~8日(火) 7日間 大東北展

○千葉県 そごう千葉店 板長参戦
・10月10日(木)~16日(水) 7日間 東北展

○千葉県船橋東武 板長・サチコ参戦
・10月17日(木)~23日(水)「にっぽんの味展」

○東京都 日本橋三越 板長参戦
・10月23日(水)~29日(火) 7日間 地下催事


板長です。
催事業者とは、地元に店舗があって地元でも販売をしている品を他県で
に行き地元から担当者も出向いて販売をするお店を「催事業者」

販売をする店舗が無く催事だけを回っている店を「催事屋」

なので、東北展に東北6県それぞれの地にお店があって信頼を得ているお店が
出られるのが「東北展」なのですが・・・

地方のデパートになると催事屋を呼んでしまいます
出店業者さんが少ないと苦肉の策として呼ぶのですが

問題は、虎鯖ブースのように終えたら地元に送り返して保存や整理・整頓・除菌等をしますが
催事屋の場合、実店舗がないため次から次への移動で清潔面の問題があるのです。

その点、大きなTデパートは社内基準があり
・地元に実店舗がある。
・地元で催事商品を販売をしている
・地元から販売員が来て販売をする。
・地元で名が通っている。
・地元の特産品を使用している。
・地元をPRできる
・同系の商材との違いを話せる
等々の基準があり、多い項目がある方のお店が優先出店出来るのです。

板長的に、催事業者と催事屋が一緒になって催事をすると一番嫌なのが
責任のない売り方をする店舗と同じに思われてしまう・・嫌い!

皆さんも販売店舗を見る目を養うか
虎鯖ブースに聞いてから購入をする!

でも一番気を使わないといけないのはデパートの担当者さんですよね♪
東京で虎鯖が食べられるお店
・駒場東大前「麺酒論」 嚆矢(こうし)

「虎鯖 棒すし」の注文は・・こちらから
アプレット
八食センターオンラインショッピング

「虎鯖棒すし」の裏技の食べ方・・

虎鯖が行く9,23更新分

虎鯖Tを販売へ♪

『ゆるりデザイン書道部』

生姜焼きのタレの使い方!

201509251957_1-300x0.jpg
虎鯖・棒すし・鯖のみそ造り・虎鯖焼き等の鯖製品には
添加物・化学調味は使用していません。




 
<<  2019年10月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー