大きくする 標準 小さくする
次ページ

2013年10月31日(木)更新

船橋~八戸~青森へと移動!

鯖男・・・
船橋東武デパート「にっぽんの味」展を昨日終えまし
大勢のみなさまにご来場をいただき・・誠に、ありがとうございましたー♪

これから・・1年、また「にっぽんの味」展参加に向けて日々精進なのです
勉強をして行かないと・・東武デパートでの「全国展」では置き去りになりますからね・・
201310291108_1-300x0.jpg
6回目の「にっぽんの味」展では、大きな課題も浮かんだ
「虎鯖棒すし」は数字を伸ばせたが・・・煮物がイマイチ
201310291108_2-300x0.jpg
売れる品・・並べただけの品・・
この冷凍ケースに去年までは人が頻繁に立ち止まったけど今回はイマイチ
201310291108_3-300x0.jpg
健二郎・・・
写真は、開店前の冷蔵ケース
整理するところなのです・・こちらのブースは順調なのですが
全体で押上ないといけないのが販売ブースなのです!

板長は、今日の午後には青森市のサンロードに入ります
通路販売になりますが・・そこではまた別な売り方があります
板長の頭では、来年の販売構想が出来上がっているみたいです。
201310291748_2-300x0.jpg
鯖男・・・
たとえ例年来られるお客様でも・・必ず飽きたり、もしくは別な理由で
減るものです、そこを未然に防ぎ伸ばすには新規顧客と・・・進化した商品
新商品は目先が変わるだけなので・・進化系商品を作って戻ります!

三陸のワカメ・・・下苧坪(したうつぼ)君も同じく「勉強のぶっさん」と言います
どうしたら売れるか、また来てもらえるか・・・工夫も必要だし最高品質で勝負しないと!
そう言って目を輝かせていました・・・

明日から青森市のサンロード青森で「虎鯖棒すし」を売ります
船橋とは全く別なアプローチで販売していきます・・頑張ります、日々精進中♪



鯖刺し・鯖のみそ煮は・・・こちらから
東武オンラインショッピング
 東武おいしいもの発掘便

「虎鯖 棒すし」の注文は・・こちらから
アプレット
八食センターオンラインショッピング

虎鯖が行く・・・10、18更新分


虎鯖Tを販売へ♪

※八食センター「屋久岳」さんでの「虎鯖棒すし」の販売は
諸事情により・・お休みいたします。
 

2013年10月30日(水)更新

板長の休日は華恩(カノン)に愛に!

鯖子・・・
10月22日は板長の休日でした
珍しく「休日」なのです、田舎八戸にいても何らかの仕事をしているから
東京にいて、催事が2日間開いた今日が完全休養日・・・今年初なのかもね!

その板長は、休日を何をして費やしたかと言うと・・
首都圏で休日なら・・当然「華恩 かのん」に愛に出かけますよねー
会いに・・ではなく 愛に・・なのです・・・ハイ
201310221751_1.jpg
華恩ちゃん・・首が座っています!
前回9月の末に会ったときは、まだ座っていなかったのにー
全然~板長と似ていません!それなのに、お嫁さんに
「俺にソックリですよねー」を連発・・ウンザリのバカジジー
201310221751_2-300x0.jpg
赤ちゃんは、寝かせた顔・抱いた顔・お座りした顔と、どの顔も違うんですねー
201310221751_3-300x0.jpg
板長は、移動の電車の中で「たのむから・・起きててくれー」と願っていました
そうしたら・・・お嫁さん「ジージを待っていたかの様に午前中3時間も寝ていて、今はご機嫌なんですー」
201310221751_4-300x0.jpg
それを言われたら・・・ジージはデレデレなのですねー
電車事故で・・1時間も華恩ちゃんとは遊べなかったみたいだけど・・
板長ジージはご満悦で・・夜の嚆矢へ移動したのです・・が
201310221751_5-300x0.jpg
華恩ちゃんは・・どう見ても・・ジージに遊んであげた感の面持ちでした・・
華恩ちゃんのドヤ顔!!!かわいい♪




鯖刺し・鯖のみそ煮は・・・こちらから
東武オンラインショッピング
 東武おいしいもの発掘便

「虎鯖 棒すし」の注文は・・こちらから
アプレット
八食センターオンラインショッピング

虎鯖が行く・・・10、18更新分


虎鯖Tを販売へ♪

※八食センター「屋久岳」さんでの「虎鯖棒すし」の販売は
諸事情により・・お休みいたします。
 

2013年10月29日(火)更新

初心に戻る・・・虎鯖2


板長です・・・
雨の呪縛も解けて・・ホッ!

今日も・・大勢の来場者に支えられて頑張っています!
やはり・・船橋東武の「ぶっさん」(このロゴは意匠登録)は違います

スタッフの心意気から対処のスピード感
そして・・お客様への伝える思いは相当なレベルです。

ここの会場に立てることは・・・幸せです。

今日も、自分の鯖について書きました
4日目ですが・・自分の原点なので伝えます。

201310250529_1-300x0.jpg
【虎鯖】・・とは

味は長い時間がかかりました
昔、友人宅で食べた〆鯖の味は・・刺身のようで酢の味が
少し・・どうすれば?

塩をして、酢に漬ける・・これで〆鯖が出来る!

やり方は間違ってはいません
そんな時車の中の、ラジオ番組の健康相談で梅の塩分について話がありました。

内容は、「おばあさんが、高血圧で塩分を控えめにと
言われたが、好物の梅干ばかりを食べて・・・」
「梅干しは体に良いのでは?しかし塩分が気になる」
そんな相談でした。

回答は、「酸っぱい物は、塩分が多い程強く酸味を
感じますから、梅の塩分が少ない物を選んで食べて
下さい」との内容が返されました。

「そうか、塩分を多くすると酸味が強くなるんだー」
これはヒントでしたねー
鯖のみそ造りにも共通するヒントになりました。
これで、酢を少なくする事をしりました、
今まではどっぷり漬け込んで製作していました。
塩を多目に酢は少なく・・・です。

「虎鯖」は、鯖本来の味がして、柔らかく、
酸っぱくない・・
そんな、〆鯖作りを目指しての作業が続きます。

ここからは、何時間位干すといいのか?
干す時間の調整です。
塩を何グラム振り撒いて、何時間風に当てればいいのか・・

何度やり返したことか、失敗の連続です
干しがあまいと・・ネチャという感じに仕上がります。
干し過ぎると。硬い感覚で酢が染みこみません・・

鯖から水分を抜くと、鯖の味だけが残ります!

塩水を作り鯖を漬け込んで・・干す・・事もしましたが・・
水分量が多くなり乾燥に時間がかかります・・

201310240608_1-300x0.jpg

そんな事を繰り返しながらの・・研究の日々・・ネチャ防止の研究です。
ある夏の・・暑さがこの問題を解決してくれました・・

昔と違い・・冷房はエアコンが主流です、
家電のお店を歩いて気が付いたのです。

「そうだよ・・扇風機で強制的に水分を飛ばせばいいんだ!」

どこの魚屋さんでも一夜干しには・・この扇風機で乾燥をさせています・・
加工業者ではない・・ホテルの厨房での作業工程、気が付かなかった!

201310240608_2-300x0.jpg

扇風機に気が付いてからは、干す工程と塩の量を
固定する決定するのには
時間が掛からずに出来ました・・・
今では、決められた塩の量と、乾燥の時間で製作しています。

201310240608_3-300x0.jpg

鯖と格闘3
・ 鯖を選ぶ事が最大の仕事
・ 低温ですばやく調理で安全性を重視
・ 乾燥の時間を守り塩味の一定化
・ 1本1本心を込めて手作業で調理
この事を守りながら「虎鯖」を仕上げています。

八戸に秋サバは毎年帰ってきます、
その秋サバを大切に調理して「虎鯖」にしてお届けします。

201310240608_4-300x0.jpg

虎鯖は06年の八戸港に水揚げされた時の鯖で味が
確立されました。
あの年の鯖は往年の八戸が港の活気として戻った時でした。

自分の技術をシーフードシティー研究所の面々に試食を
してもらうと・・「この味は・・これが〆鯖なのか!」

その時から虎鯖は歩き初めました。

【虎鯖棒すし】

今、板長の主力商品は「虎鯖棒すし」です
虎鯖が完成したとしても、すぐに売れて行くとは限りません

何せ、一般的には〆鯖というと安価な食材であり
私が作り上げた虎鯖とは味から価格から全く別なものなのでした。

亀田師範は、そのことを知っていてある仕掛けを進めました
それは「物産展」に虎鯖を出して売ることです

私には、想像もしなかったことです
「板長、船橋東武の方を八戸に連れて来ますよ。」

201310250529_2-300x0.jpg
八戸に来られたのは、写真の高津さん・・ぶっさんの神様と
当時舟橋東武デパートの店長の佐藤さん(今は池袋東武デパートの店長)

佐藤店長・・・
谷口さん、あなたの〆鯖は美味しい!
この〆鯖を、私達のデパート「ぶっさん」で販売しませんか?

その場で、高津さんに指示をだして
「どうすればいい・・」

高津さんは
「この〆鯖の状態では動かないでしょうー
どうでしょう谷口さん、棒寿司にしてみては?」

それまで八戸には、この棒寿司の文化はありません
板長も食べたことはありません・・・

高津さんは話を続けて、
「他の棒寿司の味を真似することはしないでください
谷口さんの味で販売してください!」

「虎鯖棒すし」への試行錯誤がそれから始まりました
シャリ(甘酢入りのご飯)の酢と砂糖の分量を決める作業が半年間続きました

虎鯖の脂で・・通常の甘酢ご飯は負けてしまいます
今のシャリの味は・・出来ました・・・

第17回「にっぽんの味」展に、やっと間に合った状態です
右も左も分からない物産展・・今では収入の大半を占めるようになりました

今日の・・・今、進行中

亀田師範、佐藤店長、高津部長、歌沢さん、相模君・・そして多くの支援・声援を下さった方々に
感謝しながら・・もっともっと八戸の味を伝える試みをして行きます♪







鯖刺し・鯖のみそ煮は・・・こちらから
東武オンラインショッピング
 東武おいしいもの発掘便

「虎鯖 棒すし」の注文は・・こちらから
アプレット
八食センターオンラインショッピング

虎鯖が行く・・・10、18更新分


虎鯖Tを販売へ♪

※八食センター「屋久岳」さんでの「虎鯖棒すし」の販売は
諸事情により・・お休みいたします。

2013年10月28日(月)更新

初心に戻る・・・虎鯖

板長です・・・
今日も元気です!今日と明日は・・原点に戻る
虎鯖を2日間で伝えたいと思います。
201310232112_1-300x0.jpg



【虎 鯖】とは

以前まで虎鯖は「谷口板長の〆鯖刺し」の名で販売していました。

その名を「虎鯖」と変更しました・・その理由は
1、鯖の背中が虎模様であること
2、私の〆鯖は市販されている〆鯖とは味が全く異なること
3、添加物を使っていないこと
この3つの理由からです。

1つ目の「虎模様」から話をはじめます。
日本の鯖は背中の模様が唐草模様のようにはっきりとした
縦縞ではありません

それとは別に、ノルウェー産は綺麗な縦縞模様です、
でも虎の模様には変わりありません。

八戸の秋はこの写真の真鯖やお腹に斑点模様がつく
ゴマ鯖が海を回遊して戻ってきます、
これを秋サバの名で日本の文化として存在しています。

201310232112_2-300x0.jpg

「虎鯖」は八戸では「まだ脂のない小物の鯖」
「鮮度が落ちた鯖」で美味しくないと言う意味で
昔は表現されていました。

今では、一部水産関係者の方が使っているだけです。

でも私はあえてこの「虎鯖」の名を着けました。
それは八戸に昔あった名称です、死語になった今は
「美味しい八戸の鯖」の代名詞にしようと思ったからです。

私は「脂のない鯖」と聞いて育ちました、
小さな時期の鯖はまだ背中の模様がはっきりしていて、
大きくなるにつれ脂が乗るにつれて、背中の模様は
散って薄くなります。

小さな虎鯖が大きくなって八戸に帰ってきたのだから、
強い美味しい「虎鯖」の名を着けてあげたかった、
その気持ちで着けました。

201310232112_3-300x0.jpg

※板長は、「虎鯖」の名で商標登録、意匠登録を完了しました。
なので・・虎鯖の名は板長だけが商売に使える名になりました。

201310232112_4-300x0.jpg

虎鯖を作りたい
この話をするのには谷口板長の高校時代からのことを
話さないと始まりません。

私は鯖が大好物で、特に〆鯖が好きです。

私の通っていた高校は、スポーツで有名でしたが勉強は
・・・(^^;)。

バスケットボールがやりたくて入学した私は、
厳しい練習を耐え抜かないと何のためにこの学校を
選んだのか分からなくなると思い、必死でバスケに
打ち込んでいました。

「ワル」ばかりでしたが、他では体験できないことも
たくさんありました。昼休み、ストーブの上は、
生いわし、スルメ、干しカレイを焼いて食べるのです、
冬にはなんと!鍋が置かれて鱈汁がおかずになっていました。

そんな教室の光景は、今でも懐かしく思い出します。
それも浜の漁師の息子が多かったからでしょう。
鰯もいかも鰈も自分の家の物ではなく
路地から頂だいしてきた代物す・・・。
201310232112_5-300x0.jpg
仲の良い友達が八戸弁で・・(通訳付き)

「圭介、今日―ワーホーサッ、こねーど」
訳す「圭介今日、俺の家に寄れないか」

「なんがようが」訳す「何か用事でも」

「ワーホーのオヤジが鯖バ釣ったズー、船で釣ったスケ、ウメエー」
訳す
「俺のオヤジが船で沖に出て、鯖を釣り上げたから上物で美味しいぞー」

「ワガッタ、イグスケ」訳す「了解、行くから」

「ンデヨーフグロ持って来ネバーワガネエ」
訳す「持たせるのに袋が必要だよ」

201310240508_1-300x0.jpg

バスケの練習を終えて、友人宅へ
「あがれー圭介、腹ヘッタベーマンマバクッテゲー」
訳す
「家の中へあがってご飯を食べて行きなさい」

友人の母が
「今まで、学校さイダノガ!ナーンモネンドモ、カーコレコレデケー」
訳す
「今まで、学校にいたの、何もないけどこれでご飯を食べなさい」

出されたおかずはカレイ焼きと〆鯖でした。
カレイは小ぶりの柳カレイで揚げてあり
「せんべい」の食感でパリパリ・・骨も食べられました。

卓上に青と白と赤のコントラストが綺麗なお刺身が、
〆鯖です、私には初物でした。

「ウガサヨーケルッタ鯖はヨー コレダスケヨー」
訳す
「お前に渡すと話した鯖はこれだよ」

「カッチャ・・コレシメダノダ?」訳す
「お母さんこれは、〆たのか?」

「ンダドモ、酢はワンツカデー」
訳す「酢につけた時間は少しだよー」

友人とお母さんの話を聞きながら、遠慮なく食べます。
「醤油をつけて食べるのか?」「オーウ」と友人が・・鯖を口に・・

『凄い旨い、とろける!なんだこの味と食感は、
すごーい甘さが広がる!!』

その当時、秋になると八戸の港には形の良い丸々と太った
真鯖が水揚げされました

板長が厨房に入った頃は、この鯖は皆無・・あの鯖は
過去の出来事だったのです・・。

友人の家で食べた〆鯖は・・私の人生を変えました!

私の「虎鯖 刺し」には甘さを加えません・・
鯖本来の味を楽しむ造りです。

201310240508_2-300x0.jpg

厨房に入り鯖を見ては〆鯖にチャレンジしていますが、
最初は〆る事の意味やゴマ鯖と真鯖の区別も知らないで
調理をしていました。

どの鯖でもとりあえず〆鯖になるのだと信じていました。
そんな時です、鯖を知り合いからもらった時のことです。
小ぶりだが〆てみようと思い調理してたべたのです・・・


その夜のこと、無性に暑い、体が痒い、なんか体が変だ?
起きてビックリです顔がまん丸に腫れあがり体全体が
みみず腫れ状態です・・即病院です。

201310240508_3-300x0.jpg

うです、鯖に当たったのです、大当たりでした・・
ヒスタミンに当たったのです、ヒスタミンは
アレルギー物質で青魚には必ず含まれていて

鯖には多く入っています、このヒスタミンは温度の上昇で
増加しますから、鮮度の保持と調理の工程を低い温度の
中で調理して行くことを知りました。

それを知ったのは後からイナダと鯵でも当たり文献を調べて、
当たらないようにするにはどうすればと調べたからです。
生の鯖はとにかく早い調理を、冷凍の鯖も解凍後の処理を
早くして

室温や水の温度を上昇させない工夫をして調理してからは、
青魚を食べても当たってはいません。


そして去年から、水を分解してできる酸性水で消毒をしています。

酸性水は水を分解して精製された水なので体内に入っても
当然問題はありません、アルコール消毒より安全です。

調理は低い温度で手早く、酸性水でよく殺菌をしてから行なっています。



鯖刺し・鯖のみそ煮は・・・こちらから
東武オンラインショッピング
 東武おいしいもの発掘便

「虎鯖 棒すし」の注文は・・こちらから
アプレット
八食センターオンラインショッピング

虎鯖が行く・・・10、18更新分


虎鯖Tを販売へ♪

※八食センター「屋久岳」さんでの「虎鯖棒すし」の販売は
諸事情により・・お休みいたします。
 

2013年10月27日(日)更新

ウニの品評会・・3本のウニ瓶

鯖子・・・
雨でうんざりの日々・・あいつが居るから首都圏は晴れないのよ・・・

イケメンはいるけど板長に対抗する晴れ男はいない見たいです
今日は、船橋東武デパートでの「塩ウニ」の話をしないと!
201310252313_1-300x0.jpg
えーと
板長は上の写真の大間産の塩ウニと別なウニ、大間の隣町「佐井村」の塩ウニを販売
そして、下苧坪(したうつぼ)さんのひろの屋さんでは・・種市海岸「ウニ牧場」で生産され加工された塩ウニを販売
201310260641_1-300x0.jpg
冷凍庫に整然と並んだ塩ウニの瓶
201310260641_2-300x0.jpg
下苧坪さんの塩ウニは「雪紫」価格は、写真のプライスカードの数字
板長の店舗の価格は¥1890-
粘りの強さ、甘みの広がり・・・当然一級品よねー
201310270604_1-300x0.jpg
下苧坪さんの雪紫は、去年の夏に八戸旅の時に見学した「ウニ牧場」の紫ウニを使っているの
震災で壊滅したウニ・・2年を経過してやっと例年並みに生産されるようになったみたい

その事を伝えて「うちのは塩ウニは、練っていませんウニを並べて塩を降って瓶に入れます!」
なので・・下苧坪さんの雪紫の価格は全く高いとは思えないの!
201310262327_1-300x0.jpg
下苧坪さんの北三陸産の雪紫の味に近い味・・佐井村の塩ウニ
こちらも・・・と言うか・北三陸の塩ウニは、どれもツブウニの塩漬け
なので、後は個人の酒肴に寄ることとなります!
201310262327_2-300x0.jpg
日本1の物産展「にっぽんの味」展
味は・・・お客様が決めることなので・・板長の適当な言葉に惑わされないで
自分の舌で確認して食べてください!
201310270604_2-300x0.jpg
・塩味が先に出るもの
・苦味が出るもの
・甘みが先に広がるもの
・生臭くないもの
どのウニ瓶の味も顔があります、
そして大切なな事・・・生まれた土地の風土を伝えられること・・・
それを思ったら・・どの「塩ウニ」も合格点

種市のウニ・大間のウニ・佐井のウニ
どの塩ウニも・・個性あり!

※当たり前ですが、この3種瓶ともアルコール・ミョウバンは使わず無添加
塩とウニでしか製造されていませんよ!

購入の際は、試食をして自分に合った味を食べてから・・ご購入してくださいね♪



鯖刺し・鯖のみそ煮は・・・こちらから
東武オンラインショッピング
 東武おいしいもの発掘便

「虎鯖 棒すし」の注文は・・こちらから
アプレット
八食センターオンラインショッピング

虎鯖が行く・・・10、18更新分


虎鯖Tを販売へ♪

※八食センター「屋久岳」さんでの「虎鯖棒すし」の販売は
諸事情により・・お休みいたします。


 

2013年10月26日(土)更新

剣山ワカメはこうして出来る!

健二郎・・・
この方達を知っていますか?
201310250448_1-300x0.jpg
頭の鉢巻がオデコの前で結ぶ・・「南部もぐり」・・潜水士の結び方をしているのは
わかめを販売する「ひろの屋」の2人
右が店主の下苧坪(したうつぼ)さん&左が陸前高田で被災され今は八戸に住む鈴木さん

今、板長と同じに船橋東武百貨店の物産店「にっぽんの味」展に
出店されて「天然わかめ」を販売しています。

そして・・今年で3年目、3回目の出展です
ここで僕が伝えたいのは、鈴木さんの手のところ
201310250448_2-300x0.jpg
天然ワカメの太い茎の部分を
細くする道具・・花を生けるときに花瓶の底に置く
「剣山」に似ていませんか、釘状の針が何本も出ています。
201310250448_3-300x0.jpg
この針に
201310250448_4-300x0.jpg
このワカメの茎を刺して押し出し引き出しをするのです・・・
201310250448_5-300x0.jpg
こうすると、ワカメさんが一度に細くなり・・・この様に
201310250448_6-300x0.jpg  
これが・・天然ワカメの茎を細くした「剣山ワカメ」です!
塩乾状態ですから、水にさらしてから食べます
201310250448_7-300x0.jpg
太いままの茎ワカメとは・・また違い
酢の物でも煮物でも柔らかく食べやすいのです
201310250448_8-300x0.jpg
写真は、茎ワカメのマヨネーズ和え・・サラダにも良く合いまって美味ですよー
201310250448_9-300x0.jpg
みなさん・・どうぞ船橋東武デパートへ起こしください!

陽一郎・・・
オイ健二郎ー肝心の「天然ワカメ」の画像と値段は?
それに・・剣山ワカメの値段も何グラムか見えねーよ・・バカ!

健二郎・・・
あぁー確かにです・・レポートもれでしたー
反省せねば・・・・明日お知らせします!

陽一郎・・・
バカヤローこれを見ろ
201310260624_3-300x0.jpg
これが看板商品・・天然ワカメ!
201310260624_4-300x0.jpg
価格は、200g入り税込み・・¥840-です。

みなさん、宜しくお願いします♪


鯖刺し・鯖のみそ煮は・・・こちらから
東武オンラインショッピング
 東武おいしいもの発掘便

「虎鯖 棒すし」の注文は・・こちらから
アプレット
八食センターオンラインショッピング

虎鯖が行く・・・10、18更新分


虎鯖Tを販売へ♪

※八食センター「屋久岳」さんでの「虎鯖棒すし」の販売は
諸事情により・・お休みいたします。

2013年10月25日(金)更新

初心に戻る・・・みそ煮2


板長です。

日々・・天気が心配な自分でして板長が来てから晴れ間が無い
雨ばかり、私の方に指をさして・・雨男
今日も雨模様、台風付き・・すいません。

そんなこんなの船橋です・・で今日の話は

船橋東武デパート「にっぽんの味」の看板
なんと・・・北東北は元気ですよー
201310232102_1-300x0.jpg
上のポスターに並んで中心の場所を・・ゲット
ここですよー
黄色は「ひろの屋」・・赤は板長の「虎鯖棒すし」です
201310232102_2-300x0.jpg
他県に負けないように・・頑張ります♪


【鯖のみそ煮】

昨日の続きです・・95%まで出来ました・・その後

201310212224_1-300x0.jpg

※食材との出会い!

八助梅との出会いで鯖の味噌煮がほぼ完成しまし
そして森田味噌で・・

それから3年後、「八助梅」と出会いました。
母が友人からいただいたとその梅を見せてくれたのです。

お恥ずかしい限りですが、地元の南部町で取れるこの
「八助梅」を知らなかったのです、灯台下暗しですねー
実が大きくてカパッと割れてしっかりとした硬さのこの梅。
この「八助梅」がキーでした・・ほぼ完成です!


この「ほぼ」完成は去年平成18年のことです、
今年平成19年の夏ついに最後のキーを見つけました、それは味噌です。
三戸郡の名川町今の南部町でいつも八助梅を購入するとき
に通る道沿いにそのお味噌屋さんがあったのです。

201310212224_2-300x0.jpg

旧福地村役場の前に信号があります、停まると目に
「森田味噌」の看板が見えていました。

看板には「味噌」「麹」の字が書かれています
「変だな?」醤油の文字が無いのです、普通は味噌と醤油
はセットになるはずです、と言うことは・・・・
「味噌専門店」なのかな?
よし買って鯖の味噌煮に一度使ってみよう!そう思い店内に入りました。

古い看板で昔の風情が残る店構えですが、中は綺麗に
掃除がされていて可愛い置物が並んで入った人を
和ませるような雰囲気です、奥から女将さんが出てきて
優しく対応してくれました。

201310212224_3-300x0.jpg

私達で3代目、森田の味噌と麹を昔ながらの製法で
作り続けています、この家の菌で出来る麹で仕上げる
味噌を頑固に守っています。大豆は地元の農家と契約栽培、
水は地下水を使っています。」
醤油のことを聞くと「内は味噌の専門店ですから、
醤油は味噌を作るときに出る溜まり醤油が僅かに取れるだけなのです。」

また近くにいてこんなに「こだわって」味噌を作っている人がいたことを・・

早速購入して鯖の味噌煮を製作です。今年の秋に
「ほぼ」が取れて鯖の味噌煮が完成しました。

現在私はその味をもっともっと美味しくしようと日々格闘しています。
八戸の鯖、あの野菜、八助梅、森田味噌、
そして砂糖との勝負を続けています。

今私が作る鯖の味噌煮は、現在私が心の底から納得して
自信を持ってお勧めできるものです。絶対どこの鯖の味噌煮にも

201310212224_4-300x0.jpg

負けない鯖の味噌煮です。

そうです『魚嫌いのお子さんも、美味しい!!
と骨ごと食べられることができる鯖の味噌煮』なのです。


※手間のかかるのは・・・

どうして谷口板長の鯖の味噌煮ができるまでに、
3日間もかかるのだろうか?

煮る事により、骨が柔らかくなり鯖を丸ごと食べられる。
しかしやたらと煮込めばいいと言うものでもありません。

この鯖の味噌煮を作るために3日間も手間暇を掛けるに
は、他にも色々な理由があるのです。

まず鯖を捌いて適当な大きさに切り、広い口の大鍋で
あの野菜と生姜、酒で6~8時間煮込みます、
小さな鯖の場合は切り身も小さいので6時間程で骨まで柔らかくなますが、
大きな鯖ですと8時間以上煮込まないといけません。

この煮込みでは何度もアクを取る作業が必要になります。
チョットでも目を離すとアクが溜まり過ぎて味落ちします。
こうしてアクを取り続けていると昔の人は本当に
丁寧に料理を作っていたのだと、つくづく思い知らされます。
この工程が済んだら、一晩寝かせて冷やします、
ここまでだいたい1日が過ぎます。

201310212224_5-300x0.jpg

翌日温度が下がった頃合を見計らって、鯖の汁に味噌と
砂糖を加えて鯖に味を付ける工程に入ります。
鍋に火をつけて煮詰めていきますが、ここがとても大切で
全神経を集中させて頃合を見極めます、火加減一つで煮汁
が苦くなり煮過ぎて味が別物になります。

火加減と味加減、この2つを常に確認していきます。
ここが昔、母が愛情込めてコトコトと煮ていた時と同じ
状態なのですね。料理に愛情を込めるというのは、
気持ちだけの問題なのではなく、やはりこういう手間を
かけることを言うのでしょうね。

201310212224_6-300x0.jpg

鯖を煮あげるまでの時間は、その日の湿度が関係してきます。
2時間程で煮上がる時もあれば、3時間以上かかる日もあります。

季節によって、その日の天気によって全く違うのです、
不思議な物ですがそうなのです。正直言いますと
あの野菜と出会うまでは化学調味料を入れていました、
どうしても味を安定させようと思い・・苦肉の策でした
が・・そうだったのです。

しかし、今はそれを使わなくても済むようになったのです、
それだけあの野菜には奥の深さがあるのですね、
化学調味料は魚の旨みも消してしまいます
料理の基本の素材の旨みを殺してしまい。
「味に蓋をして調味料のあじを味わう」ことになってしまいます。

さて。煮詰まって煮汁に適当なトロミが出たら火を止め、
また一晩寝かして鯖に味を染み込ませます。
これで3日間が、あっという間に過ぎてしまいます。

味噌が少ないと鯖の臭みが消えません。
甘さがないと鯖の旨みが引き出せません。
トロミがないと鯖に味噌が絡みません。

そんな事を呪文のように唱えながら
26年かけて現在の鯖の味噌煮が完成しました。

201310240452_1-300x0.jpg

最近よく耳にする「食育」その考え方からも、
青魚を骨ごと食べられ、しかも魚嫌いのお子さんにも
喜んで食べていただける私の鯖の味噌煮は最適の品だと思います。

またお年寄りの方にも喜ばれる料理として好評を戴いております。
そればかりではなく酒の肴として、のんべーの皆様にもファンが増えています。

最近は、一度注文をしていただいたお客様から
「子供にまた食べたいと言うので」と繰り返し購入してい
ただけるようになりました。

また、祖父母食べさせたいと毎月買ってくださるお客様もいらっしゃいます。
真空で冷凍してお届けいたしますので、チョット手抜きを
したいなーと思った時に姑さんやお子さんのおかずとして
も調法していますと主婦の方からも喜ばれています。

201310240452_2-300x0.jpg

ここまでして出来上がる『鯖の味噌煮』を谷口板長が名を付けました
『鯖のみそ造り』の名で販売して行きます。

 明日は「ぶっさん」・・「にっぽんの味」展をリポートして
その後、虎鯖の事を伝えます。

鯖刺し・鯖のみそ煮は・・・こちらから
東武オンラインショッピング
 東武おいしいもの発掘便

「虎鯖 棒すし」の注文は・・こちらから
アプレット
八食センターオンラインショッピング

虎鯖が行く・・・10、18更新分


虎鯖Tを販売へ♪

※八食センター「屋久岳」さんでの「虎鯖棒すし」の販売は
諸事情により・・お休みいたします。
 

2013年10月24日(木)更新

初心に戻る・・・みそ煮1


板長です。
別名・・・雨男
また明日から台風の影響で・・雨!

今回は、私の力が出過ぎです・・ごめんなさい
そんなこんなで
今日から船橋東武で「にっぽんの味」です。
私の「虎鯖棒すし」の生まれた地、ここが原点の場所
亀田師範と相模君との出合いが私の虎鯖を棒すしに進化させてくださいました。
201310211415_1-300x0.jpg
ブログを始めたのも2人の出合いから
物産展・催事に出始めたのも彼らと8年前のこと

「レポート用紙20枚に、自分の商品のこだわりや生い立ち、エピソードを書いて来てください。」
頑張って書いたけど、18枚しか書けなかったことを今でも洗面に覚えています。

その内容を今日から始まる船橋東武「にっぽんの味展」の期間中
掲載して行きます・・・自分の鯖の原点をです。

201310232049_3-300x0.jpg

【鯖のみそ煮】


※ 思い出の味を再現したい。

私は今年、平成21年で53才になります。
ホテルの板前を張って約30年、毎日お泊りくださるお客様
に喜んでいただける食事を作らせていただいています。

せっかく八戸まで来てくださった皆様に、
地元の食材を使った料理を食べていただきたい。
そんな気持ちで毎日板場を仕切っています。

八戸の海産物はご存知のように、さば、いか、いわしなど
が豊富で有名ですが、その一方で種類が少ないのが欠点でもあります。
ですから素材は最高にいいのですが、どうしても料理の献立が限られてしまいます。
地元の限られた食材でなんとかお客様に喜んで貰える
料理はないだろうか?日々そんな事を考えていました。

そんなある日、ふと子供の頃に食べた鯖のみそ煮を思い出したのです。
私が子供の頃に食べた鯖のみそ煮は甘辛く、ご飯のおかずに最適でした。

201310211415_2-300x0.jpg

焼き魚のように骨を取る必要の無い、骨ごと食べられる
鯖のみそ煮は子供にも食べやすく、しかもその甘辛さが
ご飯にとても合うので大好きだったのです。

夕方まで遊んでお腹を空かして帰ってくる道すがら、
家の方からかすかに鯖のみそ煮の香りが漂ってくると、
夢中で走って帰ったものでした。

あのころの鯖のみそ煮を思い出した私はその味を
忘れられずにいた私は早々板場で作ってみました。

たしかに新鮮な地元の鯖を使って作る鯖のみそ煮は美味しくできました。
しかし、あの、あの子供の頃に夢中になった母の味ではありませんでした。

※ 目指すのは

「魚嫌いな子供も、美味しい!と骨ごと食べられ、
ご飯がモリモリ食べる事が出来る鯖のみそ煮」だったが・・・・

昔の味を早々母に作り方を聞きに行きました。
しかし昔と今とでは時代が違いました。

当時は石炭、薪ストーブ、七輪などで調理をしていました。
冷蔵庫、冷凍庫の無い時代ですから安かった鯖を大量に買い、
そんな昔ながらの調理器具の上に鍋をかけて時間をかけ、
コトコト煮て作っていたのです。骨まで柔らかく煮える
くらい時間をかけて作っていたのです。

201310211415_3-300x0.jpg

そうです、その日に購入してその日に仕入れた鯖を煮て、
その日に出すような時間の掛け方とは全く違っていたのです。

これはとても凄いヒントになりました。時間をかけて、
手間暇惜しまず作る・・まずそれを基本にすることに決めました。

家庭で圧力鍋を使って鯖のみそ煮を作られる方もいらっしゃいますが、
それは家庭料理として何の問題もありません、
骨まで柔らかくできますのでお子様にはいいでしょう。

しかし、板前の私にとっては、それでは失格なのです。
圧力鍋を使うとどうしても鯖の旨さが鯖から抜けてしまいます。
圧力がかかると、鯖の脂肪分が身から全て出てしまうのです。

201310211415_4-300x0.jpg

時間をかけて煮ることによって、鯖の身の中の旨みは
そのままで骨まで柔らかい鯖のみそ煮ができるようになりました。

201310211415_5-300x0.jpg

そこにもう一つの問題が出てきました。
鯖のみそ煮の甘味料の問題です。昔は砂糖が高額で贅沢品
だったため、チクロ等の甘味料など今では使用できない
人工甘味料を使って鯖のみそ煮を作っていたのです。

これには困果ててしまいました。どんなに高級な砂糖や
味醂を加えて鯖のみそ煮を作っても昔の母の味には
近づかないのです。確かに上品な甘味にはなるのですが、
鯖の臭みが残ってしまいます。

普通は梅干しと生姜を入れることで鯖のみそ煮の魚臭さを消します。
どんな料理の本を読んでも、どんな料理名人に聞いても、
この2つの食材で「鯖の匂いが消えます」と話すでしょう。

しかしそれだけでは不十分なのです。

201310211415_6-300x0.jpg

昔、母が作ってくれたあの鯖のみそ煮の味、あれは梅干と
生姜では取りきれない魚臭さまで取り除いてあったのです。

皮肉なことにあの人工甘味料が、この「魚の生臭さ」
まで取り除いてくれていたのでしょう。

私が目指したのは『魚嫌いなお子さんでも、美味しい!!
と骨ごと食べられ、ご飯がモリモリ食べる事が出来る
鯖のみそ煮』なのです。
しかし昔使っていた人工甘味料無しではどうしても
『魚嫌いのお子さんでも』がクリアーできない。

梅干と生姜だけでは、魚嫌いのお子さんには食べてもらえないのです。
魚好きのお客様には「こんなに柔らかくて美味しい鯖のみそ煮は初めて食べた」と好評でした。

その時点で商品化しても、それなりに売れる自信はありました。
でも私の一番のこだわりは、『魚嫌いのお子さんも・・』
と言うところだったのです。

201310211415_7-300x0.jpg

料理を生業にしていると、当然食べ物に関して色々な相談を受けます。
そしてその相談の多くは
「子供が魚嫌いで困る。特に青魚は体にも脳にもいいので
食べさせたいが。どうしても魚臭くて受け付けてくれな
い。それに骨があると輪をかけて嫌がる。どうしたらいい
だろうか?」と言うものでした・・

家庭で作る鯖のみそ煮も、市販されている鯖のみそ煮も、
鯖の臭みが僅かに残っています。
魚好きの大人はそんな匂いにそそられるのですが、
魚嫌いのお子さんには物凄く抵抗のある味と匂いになってしまうのです。

どうしたら人工甘味料を使わずに、昔のような魚の臭みの
無い鯖のみそ煮を作ることが出来るのだろうか?
それを考える日々が続きました。

毎日八戸で水揚げされる新鮮な真サバを買っては
コトコト煮て、味を見て、これは違う・・、お客様には
提供しないでまかないに廻す日々がつづきました。

しかしその内に、諦めの気持ちが強くなり、
次第に鯖のみそ煮を作ることが少なくなり気が付けば5年
間全く鯖のみそ煮を作ることから遠ざかってしまったのです。

どうしても諦めきれない、しかし出来ない、作れい・・・
この葛藤から遁れるために鯖のみそ煮を作ることを辞めてしまったのです。

※ 挫折を乗り越えた あるヒント
201310211415_8-300x0.jpg
6時間以上の煮込みで骨が柔らかくなります!
201310211415_9-300x0.jpg

すっかり鯖のみそ煮のことなど頭から出て行き、
すっかり忘れた気持ちで過ごしていたある日、ふとテレビ
の料理番組を見ていたら、ある野菜の特集を放送していました。

なにげに見ていたその時、急にひらめいたのです。
答えが分かったのです『この野菜と鯖を一緒に煮込めば、出来る!』

そう確信しました。煮込めば煮込むほど味に深みの出る野菜。
しかもほのかな酸味があり、これが最後の魚の臭みを
取り除いてくれる・・・・頭の中で何かが弾けました。

201310211415_10-300x0.jpg

通常は鯖のみそ煮で匂いを消すために使うのは、梅干です。
そして梅干を大量に入れれば確かに臭みは消えますが。
塩味が濃くなり過ぎてしまいます。

生姜は大量に入れると生姜の匂いが強くなりすぎて、
鯖のみそ煮ではなく生姜煮になってしまいます。

しかしこの野菜だったら大丈夫です。梅干、生姜、
そしてこの野菜の三位一体が私の求めていた鯖のみそ煮を
完成させる・・そう確信しました。

それからまた鯖のみそ煮作りが始まりました。
5年間のブランクがありましたが、今度は絶対に出来ると
自信を持って鯖のみそ煮に取り組みました。

201310232049_4-300x0.jpg

思った通りでした。この野菜を使って煮込む・・
正解だったのです。人工甘味料を使わずに
最後の生臭みを取り除いたのです。

この時こそ料理の面白さを実感したことはありませんでした。

しかし・・ここからがまた失敗の連続だったのです。
95%は自分の理想としている鯖のみそ煮は完成したのですが、
もうちょっと・・・そうですもうチョットなのです。

それは自分の心の中にだけ収めておいて、
鯖のみそ煮をメニューに載せました。
想像通り大好評をいただきました。それはとても嬉しいこ
とでした、しかしどこかで引っかかっていました、
心の何処かになにか納得できないものがあったのです。

それが10年前です。

※写真は、今年の鯖も入っています。
当時の写真ではありませんのでご了承下さい。




鯖刺し・鯖のみそ煮は・・・こちらから
東武オンラインショッピング
 東武おいしいもの発掘便

「虎鯖 棒すし」の注文は・・こちらから
アプレット
八食センターオンラインショッピング

虎鯖が行く・・・10、18更新分


虎鯖Tを販売へ♪

※八食センター「屋久岳」さんでの「虎鯖棒すし」の販売は
諸事情により・・お休みいたします。
 

2013年10月23日(水)更新

船橋東武デビュー・・ウニ乗せ巻き

鯖男・・・
明日から船橋東武デパート「にっぽんの味展」の全国展が開催されま~す。
今日は、八戸から女子部のサチコさん&ユカさんと合流して設営に入るの

6回目の出店の虎鯖ブースに今年は「催事の神様・・高津さん」から使命を受けていて
「八戸もしくは板長らしい太巻きを作れ!」の命なのです。
この「にっぽんの味展」のために春先から太巻きを試行錯誤をして
やっと・・形ができました!
201310211326_1-300x0.jpg
イカ&揚げた鯖の太巻きは完成状態でした・・
しかし、太巻きだけでは販売には結びつかないことも勉強したわ
今までの販売で知ったのよ・・では?
売るための策として
201310211326_2-300x0.jpg
大間産の塩ウニを使おうと考えたの・・・
201310211326_3-300x0.jpg
当初は、巻物の中に大間産の塩ウニを入れたけど
中央に入れて巻いても・・塩うにの味が伝わらなかったの!
201310211327_1-300x0.jpg
細まき、太巻きではなく・・中巻きのカッパ巻きを作り
塩ウニを乗せる・・それも、こんなに多くも
201310211327_2-300x0.jpg
この形で大間産の塩ウニの味を伝えるとこが出来ました・・
中に入れて巻くよりも・・この方がダイレクトにうにの味が分かるからです!
201310211327_3-300x0.jpg
この品で¥1260-で~す!

鯖男・・・
鯖子ーこんなに大間産の塩ウニを乗せてこの価格なら利益が出ないのでは・・

鯖子・・・
大丈夫・・板長と鯖男、陽一郎&健二郎のお給料なし!
今回は無料奉仕で働いてもらうから!ね!

鯖男・・・
そんなー・・休暇をとって「ふなっしー」と遊びに行く予定なのに・・軍資金が・・なしかよー
ところで、鯖子の名が無いのでは?

鯖子・・・
あんた達男は見た目はどうでもいけど
女は・・大変なのよー美を保つためにはね!

それより・・しっかり作って売らないと・・分かったー

※原点の店、船橋東武「にっぽんの味展」頑張ります♪



鯖刺し・鯖のみそ煮は・・・こちらから
東武オンラインショッピング
 東武おいしいもの発掘便

「虎鯖 棒すし」の注文は・・こちらから
アプレット
八食センターオンラインショッピング

虎鯖が行く・・・10、18更新分


虎鯖Tを販売へ♪

※八食センター「屋久岳」さんでの「虎鯖棒すし」の販売は
諸事情により・・お休みいたします。

 

2013年10月22日(火)更新

八戸の食を思う・・・

鯖男・・・
昨日の夕刻に二子玉川高島屋の催事を終えて
板長も一段落の様子です・・明後日の木曜から
船橋東武百貨店に入りますから、今日は板長には珍しく
丸々1日お休みの日なのです・・・

板長が首都圏で丸1日休みと言うことは
当然・・熊谷に行くでしょうね・・・
孫の華恩ちゃんに会いに!

まぁー板長のことですから
午前はジョグして・・昼には熊谷、夜は麺酒論「嚆矢」のパターンかな?

爺さん板長のことは・・どうでも良くて、今日は田舎の八戸で撮った
201310200611_1-300x0.jpg
写真の整理をしないと・・・
板長が八戸いた何日間は夏が完全に終わり、本格的な秋になった頃でした

写真は「なまこ」八戸では「なまご」・・・「こ」に濁点がついています
なんでなまごの写真を掲載したかと言うと
201310200611_2-300x0.jpg
この身の厚さが・・この時期とすれば厚いからです
201310200611_3-300x0.jpg
10月初旬のなまごは、まだ出始めの段階なので
身が薄めなのが普通ですが・・このなまごの厚さは冬のもの
201310200611_4-300x0.jpg
板長は「今年はなまごは・・・うめーぇー」と話たかと思えば
201310200611_5-300x0.jpg
こちらは・・魚に花と書いて「ほっけ」さん、北海道産です
花と書くくらいだから・・春が旬の魚ですが
このホッケさん・・見て分かりますが太っています。
秋なのに・・この太さと丸みは旬のもの
201310200611_6-300x0.jpg
板長の弟子・・サチコさんが手際よく捌いています
すり身にして・・鍋の具材にするのでしょう・・・・か
201310200611_7-300x0.jpg
ホッケさんは焼いて良し・・すり身良し
刺身は身が柔らかく虫も多いので・・生食はダメ
板長は一度、冷凍して刺身にしましたが・・あまり美味しい味でもなかった・・と
201310200611_8-300x0.jpg
秋に太いホッケさん真冬のなまごさんが厚い
なんか・・いいのかなーと不思議に思って見ていた板長でした!
201310200611_9-300x0.jpg
なんか全体が暗くて・・美味しそうに見えない
すいません・・カメラマン板長の腕が未熟でして・・・首にしておきます!

でも・・板長は、この夏の暑さと魚の形態になんらかの影響が出ているのか
そう・・不安になるみたいです、当然のこと鯖にも・・と


 

鯖刺し・鯖のみそ煮は・・・こちらから
東武オンラインショッピング
 東武おいしいもの発掘便

「虎鯖 棒すし」の注文は・・こちらから
アプレット
八食センターオンラインショッピング

虎鯖が行く・・・10、18更新分


虎鯖Tを販売へ♪

※八食センター「屋久岳」さんでの「虎鯖棒すし」の販売は
諸事情により・・お休みいたします。
次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

会社設立前は、八戸市内で旅館を経営 S53年株式会社 ホテル八甲を設立 S54年5月15日ビジネスホテル 八戸ニューシティホテルを設立 資本金一千万 代表取締役 谷口陽子 専務取締役 谷口幸博 常務取締役 谷口圭介 宿泊業務を中心に行い...

詳細へ

個人プロフィール

鯖を語らせたら1番目の男!そして仕事の合間に熱血バスケのコーチ!

詳細へ

バックナンバー

<<  2013年10月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメント一覧

最新トラックバック

  • 第2回なんぶ鍋コンテスト from 南部太ねぎ|青森南部の南部太ねぎ販売 通販
    毎月22日「フーフー」言いながら鍋を食べる「鍋の日」条例! 今回、「なんぶ鍋コンテスト」を行い、南部町にしかない『郷土料理=ソウルフード』をこの鍋コンテストで発掘し、南部町を代表するオンリーワンの『なんぶ鍋』を町内外へ発信することを目的としております。 参加資格 ・南部町民の方なら、どなたでもOK。  ※御住所が確認できるものをご持参ください ・1人1鍋でご参加ください。 ・南部町産の地元食材を1品以上使用した特徴のある鍋にすること。(南部町産食材の数も審査の対象になります。) ※団体での申し込みは…
  • 「平目の棒すし」の製造工程を公開 from ベローズ・ラボ 「ベローズ案内人」
    京阪百貨店守口店で開かれている「東北展」に出展している経営者会報ブロガーの谷口板長さんが「平目の棒すし」の製造工程を公開しています。 「平目の棒すし」「虎鯖棒すし」の記事は社長の日記でも紹介しております。 >>>>>>> 社長の日記 社長の日記 三...
  • ”虎鯖すし”応援で逆に元気パワーを頂きました。 from 金型工場2代目会長の「経営革新」成功への日々を綴ります。古芝保治
    7日、近鉄阿倍野店9階催事フロアー・「東北六県味と技紀行」に”虎鯖すし”を出展されている経営者会報ブロガー谷口圭介さんにご挨拶に行ってきました。 ”虎鯖すし”の人気ぶりは、催事フロアーの一等場所にも現れています。
  • テストマーケティング研究所 from (株)京都工芸 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 青森県八戸に来ております。 異業種の経営者が総勢10名。 共通点はこの毎日書き続けている経営者会報ブロガーの方々です。 普段は全国におられるためネットがオンの状態でのつながりであったならば 実際にリアルにお会いするほうをオフ会と称し集います。 そして今回は人気ブロガーであります八戸ニューシティホテルの板長
  • 新刊『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい!』店頭展開開始! from なにわの社労士発~「今日もこんなええことありました」
    新刊『社長!「非常識社員」はこう扱いなさい』の店頭展開が開始になりました。 昨日、FBで東京の神田啓文堂さんでの購入情報を得たのですが 大阪は今日からだと思ったので、朝一番で事務所の最寄りの書店である 紀伊国屋書店本町店さんにお邪魔したところ、まさに品出しの真っ最中でした! 書店員さんに「私の本なんです!どうぞよろしくお願いします!」とご挨拶。 そして新刊はこのよ